MtSN

登録

【PR】トレイルランニングで脚光を浴びるアミノ酸サプリ「サカナのちから」

2017.06.12

数あるスポーツで、とりわけ競技時間が長いのがトレイルラン。なかでも100kmや100マイルといった超長距離レースでは、エネルギーをいかに維持するかが重要。エネルギーが枯渇して一気にパワーダウンした経験のある人も多いのではないだろうか。

これは、エネルギー源としての糖質が切れると、筋肉中のアミノ酸(BCAA)が消費されてしまうことも一因。運動中、糖質だけでなくアミノ酸の補給も十分でないと、スタミナ切れや筋疲労が起きてしまうのだ。

そのため、アミノ酸のこまめな補給が必要になるが、ではレース中、どうやったらアミノ酸を効率的に補給できるだろうか?

その答えが、白身魚の魚肉が原料の「サカナのちから」だ。

サカナのちからは以下のような特長を持っている。
・天然由来の素材を使用しているので安心
・約30~40分のスピードで吸収できるので、「あっ」と感じたらすぐにケアできる。
・消化、吸収率がよいので、ムダなくムリなく補給できる
・錠剤で、軽く、熱に強く、ザックやポケットに携行OK。給水時にさっと飲める!
・甘くなくベタつかないので、息が上がっていても飲みやすい


錠剤タイプなので給水時にサッと飲める

 


大瀬選手は走る前、レース中、レース後に距離や負荷、体調に応じて調整しながら摂取している

 


大瀬選手は100マイルなどのウルトラトレイル得意としている

 

5月20日、UTWT第8戦のUltra Trail Australiaに出場した大瀬和文選手から、レポートが届いている。

Ultra Trail Australia
距離 約100km
累積標高差 約4000m
タイム 10:08:06
順位 総合9位

「スタート前に20錠摂取。ゴール後にも10錠摂取。レース中も10~15kmを目安に10錠ずつ摂取することで、走れる今大会コースでも足を止めることなく最後まで走り続けることができました。途中、疲労からか、60㎞過ぎに少し痙攣があったので、サカナのちからを摂取しました。それ以降は足のトラブルはなく、最後までペースを維持して走りきることができました。今回もアフターケアとしてゴール後に10錠摂取。翌日にはほとんど筋肉痛がありませんでした。

最近では、海外に参戦している日本の選手達からも「サカナのちからを飲んでます」と声を掛けられるようになってきたので私以外の多くの人がサカナのちからを実感して頂いていることが大変うれしいです」

★大瀬和文選手の連載「GOOD LUCK!」第1回コチラ

 

「サカナのちから」のラインナップは、「Bベーシック」「Aアスリート」「Sシニア」の3種類。特にAアスリートは低分子で吸収されやすく、シビアなリカバリーが要求されるトレイルランナーにおすすめだ。

■サカナのちから A for アスリート
・ボトル=3600円 120g(約360錠入)
・分包30包入=3400円 10錠×30包入
・原材料 魚肉、海藻粉末、酵素細胞壁、ナタネ硬化油
・飲み方 10~30錠を目安に、水などと一緒に噛まずに飲んでください

■お試しセット販売ページ http://sakanano.com/otameshitrail.html
■鈴廣かまぼこ カンパニーサイト http://www.sakanano.com

 

関連ニュース

過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!