MtSN

登録

【申し込みを締めきりました】9月12日(土)MtSNイベント。 ハセツネCUPコース隣接地で放置林の間伐作業を体験できます!

2015.08.05

 6月6日に開催した作業道づくり体験に引き続き、東京チェンソーズ協力のもと、「山の体験シリーズ《東京・檜原村の山をつくる》第2回間伐体験編」を開催します。
 MtSNがトレイルランナーのみなさんに、走って楽しいだけではない、山の魅力をお伝えします。トレイルから外れた山の自然はどうなっているの? 誰が整備しているの? そんな疑問にお答えします!


 
写真右/急な斜面に道を作るときは、木を土止めに使う
写真左/道をフラットにするだけでも大仕事で汗びっしょり
 

 6月6日に開催した「道づくり体験」では、「トレイルの成り立ちを知る」がテーマでした。自然の中で体を動かし一本の道を作り上げる大変さ、楽しさを知ることができました(レポートはこちら)。

 さて、山の体験シリーズ第2回目となる今回のテーマは「山の自然を守るお手伝い」。東京都檜原村の「檜原・都民の森」隣接地で、放置林の間伐(かんばつ)作業を体験します。都民の森は、日本山岳耐久レース(通称ハセツネCUP)の35~40km地点一帯に広がる自然公園。トレーニングでこの付近のトレイルを利用する人も多いのではないでしょうか。

■なぜ、放置林を間伐する必要があるの?
 日本の山は、戦後、木材の供給源としてスギやヒノキの植林が進み管理されていました。しかしそれらの多くは現在、人の手が入らず細い木が密生した放置林となっています。このまま放置しておくと、密接する木々により地面に十分な光が届かず、豊かな森へと育つことができません。また、本来あるはずの保水力も発揮できず、災害発生のリスクも高くなります。
 間伐とは密集した木々を間引くことをいい、太くて長い、真っ直ぐな木を育てることを目的としています。木と木の間に空間ができることで、地面にまで光が届き、豊かな植生を育む森となります。また、光や風が適度に入る、見た目にも気持ちのよい森林をつくることができます。

 
写真左/間伐前は日中でも薄暗い
写真右/間伐後、光が入り明るくなった

 普段は走るだけ、眺めるだけの山の自然を、より豊かなものにするために一緒に作業してみませんか?


■申し込みはこちらから

 
申し込みは終了しました。

MtSNイベント:山の体験シリーズ《東京・檜原村の山をつくる》第2回間伐体験編
 開催日:2015年9月12日(土)9:45、「都民の森」バス停集合
 申し込み締切:2015年8月28日(金)
 参加料:5000円(税込 ※講師料、イベント保険代、昼食代含む)
 定員:50名(最少催行人数30名)
 ※詳しくは下記「開催概要」を参照
 第1回作業道づくり体験レポートはこちら

■当日する作業は?
 
今回は、3、4人で1グループとなり、木を伐採します。使用する道具はノコギリとロープ。これらの道具を駆使し、グループで協力しながら作業します。

伐採作業ステップ
 講師(東京チェンソーズスタッフ)が間引くべき木を選木(せんぼく)し、倒す方向を定めます。
 木を倒す方向にノコギリで切れ込みを入れます。この時、倒しやすくするために、木にロープをかけることもあります。
 先に入れた切れ込みの反対側を、ノコギリで水平に切り込むことで木が自然に倒れていきます。倒れない場合は、木にかけたロープを引き、倒します。
 最後に倒した木の枝を打ち払い、適度な長さの丸太にすることで作業終了です。

  
写真左/木の根元近くに切れ込みを入れる
写真右/木を倒すためにロープで引っ張る

 

(写真提供=東京チェンソーズ)

■申し込みはこちらから

 
申し込みは終了しました。

■申し込み前に必ずお読みください
・応募はMtSN会員ご本人のみ可能です。会員登録がまだの方は、先に会員登録をおすませください。
・1回の応募につきお一人のみ、申し込み可能です。
・申し込みは先着順です。定員に達ししだい、募集を終了します。
・自己都合による申し込み後のキャンセルはできません。代理の方の参加は可能です。その場合は開催の4日前までに代理の方のお名前・連絡先をお知らせください。
・天災、荒天、交通機関の事故等により開催を中止とする場合があります。
・主催者は負傷、疾病、紛失その他の事故に際し、応急処置を除いて一切の責任を負いません。
・主催者は、万が一に備えて参加者の死亡、疾病、病院治療を一定額補償するイベント保険に加入します。保険金額についてはお問い合わせください。
・天候による中止の場合は、イベント前日までに決定します。
・イベント中の写真は、山と溪谷社の刊行物、ウェブサイトに掲載する場合があります。

■開催概要
MtSNイベント:山の体験シリーズ《東京檜原村の山を作る》第2回・間伐体験編
開催日:2015年9月12日(土)
申し込み締切2015年8月28日(金)2015年9月4日(金)に延長しました。

集合:9:45、東京都檜原村「都民の森」バス停
※JR武蔵五日市駅より西東京バス「都民の森」へ(所要1時間程度)

アクセス例:JR新宿駅6:46(JR特別快速ホリデー快速あきがわ1号)7:55武蔵五日市駅8:10(西東京バス急行都民の森行き)9:20都民の森バス停 ※ご注意:ホリデー快速は途中の拝島駅で「おくたま1号」(奥多摩駅行き)と切り離されます。お乗り間違いにご注意を。
※バス停から徒歩30分の作業現場で作業します。
終了:16:00、「都民の森」バス停で解散
※武蔵五日市駅行き最終バス=16:45発
参加料:5000円(税込 ※講師料、イベント保険代、昼食代含む)
定員:50名(先着順、最少催行人数30名)
服装・持ち物:汚れてもよい動きやすい服、運動靴、軍手、タオル、飲み物
主催:山と溪谷社/マウンテンスポーツネットワーク(MtSN)
協力:(株)東京チェンソーズ 

第1回作業道づくりイベントレポートはこちら

関連地図

関連ニュース

究極の皮膚保護クリーム
トレイルランニング中の足のマメ・擦れ・ふやけ・靴擦れに絶大な効果を発揮する皮膚保護クリーム「プロテクト」シリーズ見参!