MtSN

登録

R×L【アールエル】が、吉田香織選手の走りを支える

2016.10.03

 武田レッグウェアーのランニングソックスブランド、R×L【アールエル】は、第1回さいたま国際マラソン総合2位(日本人TOP)の吉田香織選手と2016年8月1日からTEAM R×L所属の複数年契約を締結した。

 吉田選手は昨年開催された第1回さいたま国際マラソンを2時間28分43秒で完走。自己ベストを更新し総合2位(日本人TOP)の活躍。現役ランナーとしての活動のほかに市民ランナーとの交流も活発に行なう吉田選手は、「スポーツ好きの人の笑顔を増やす」を活動の原動力にしている。この考えとR×Lの考え方が一致した。

 同社では、世界各国で特許を取得しているR×Lのソックスをはじめ、アクセサリーやウェアなどで吉田選手の走りをサポートし、さらに吉田選手を通じてより多くの人にR×Lを体験してもらう機会を増やしたいと考えている。吉田選手との所属契約を通じてスポーツ好きの人を増やし、さらにスポーツを愛する人を笑顔にしたい、そして吉田選手のように「夢を力に」し、多くの人に自分の可能性に挑戦しもらいたい、というのが同社の方針だという。

 選手やファンランナーからのフィードバックから生まれたR×Lは、ソックスの形状に着目し世界で初めて⽖先右左⽴体形状の特許を登録。さらには5本指ソックスの指先が履きにくいとの声から、世界で初めて指の下側の膨らみに合わせて製編した指先⽴体5本指製法も特許登録。その他、ソックスにこだわることなく選手やファンランナーに喜んでもらえる改良は継続して続けられている。またR×Lは特許を国内のみならず、海外でも取得し海外展開もしている。
 

吉田香織選手プロフィール

1981年8月4日、埼玉県出身。一般社団法人日本アスリートサポート協会理事。
2015 さいたま国際マラソンで日本人トップとなり、リオオリンピック代表選考対象となるとともに、川内優輝に並ぶ市民ランナーの星として人気を集めている。 ファンを大切しながら、一人でも多くの方にランニングの楽しさを伝えたいと普及活動につとめる。 FM 富士「ニホンのナカミ」DJ を務めるなど、持ち前の明るい性格で多方面で活動中。
【戦歴】 玉県立川越女子高校時代から、アジアクロスカントリー選手権優勝(ジュニアの部)、世界クロスカントリー選手権14位(ジュニアの部)、国民体育大会1500m準優勝等、頭角を表す。 実業団に進み、横浜国際女子駅伝日本代表、全日本実業団10000m3 位、日本陸上競技選手権5000m7 位等トラックレースや駅伝で活躍。 2006 北海道マラソンで初フルマラソン初優勝達成。 この初フルマラソンをきっかけに、実業団の枠を外れ、市民ランナーとして活動。 2008 カサブランカマラソン優勝、2008 ホノルルマラソン準優勝、2010&2012 ゴールドコーストマラソン優勝、2012 千葉アクアラインマラソン優勝、と数々のフルマラソン大会で結果を残し続けている。 2015 年11 月15 日開催されたリオオリンピック代表選考レースの『第1 回さいたま国際マラソン』では、日本人トップ準優勝となり、リオオリンピック代表候補に名乗りをあげた。 Wings for life world run2016 では女子世界チャンピオンとなり、世界記録を打ち立てた。
【パーソナルベスト】 10000m32分01秒、ハーフマラソン1時間10分18秒、フルマラソン2時間28分43秒
【出演履歴】 文化放送「関根勤のスポパラ」、文化放送「千葉真子のBESTSMILE ランニングクラブ」、フジテレビ「村上信五とスポーツの神様たち」、関西テレビ「闘う大忘年会2015」、日本テレビ「NEWS ZERO/ZERO human」、他多数


問合せ先 武田レッグウェアー株式会社
〒354-0015埼⽟県富⼠⾒市東みずほ台1-11-10
TEL:049-251-4332
URL:  www.rxl.jp

関連ニュース