MtSN

登録

10月26日(水) 開催 「JTRA × MtSN 共催セミナー第4回~100マイルなんて笑って走れる」、参加者受付中!

2016.10.17

 日本トレイルランナーズ協会(JTRA)とMtSNが共同開催するセミナーシリーズ第4弾を、10月26日(水)19時30分より、インプレスグループ・セミナールーム(東京都千代田区神田神保町1–105 神保町三井ビル23F)で開催する。今回のテーマは、「100マイルなんて笑って走れる。伝説の(しかし最新科学を使う)心肺エンジン増大トレーニング」。

 講師は、JTRA理事で、雑誌編集者の内坂庸夫氏が務める。

 

ウェブからの受付は終了しました。会場での受付も可能ですので、
直接会場へお越しください(ただし20時以降は入館できなくなります)。

 


7/4に開催した第2回「使えるものは何でも使って楽しく走ろう! ウルトラトレイル!!」の模様

 

■講習の内容
 ヒトは3種類の移動方法をカラダに備えている。超長距離を進むなら3つ目のそれを使おう。いつまでもどこまでも「ラクチン」に進み続けられる。心配はいらない、あなたのカラダには最初から、あれと、これと、それが用意されている。それらで我々は200万年を生き延びてきた。心拍計さえあれば、あなたはカンタンに「その走り」を「再び」手に入れることができる。
 マラソン選手がウサイン・ボルトのトレーニングをしても意味がない。同じ理由で、あなたが42.195km以上の超長距離を走りたいなら、マラソンのトレーニングをしても効果は少ない。100km、100マイルといった超長距離をやっつけるには、そのための走り方とトレーニングがある。

・事前に安静時心拍数(*)を測っておいてください。 注:横になった状態(心臓と頭を水平に)で3分間「安静」にしてからの心拍数。つまり、ばったり倒れておとなしくして3分後の心拍数ってこと。朝、起き出す前のふとんの中で、がカンタンです。3回くらい、同じ時間、同じ状況で測り、平均した数値を覚えておいてください。
・お持ちの方は心拍計をお忘れなく(実際に計測します)。
・筆記具も必要です。
・当日は、その場で軽く体を動かしますので、動きやすい服装でお越しください。


■講師:内坂庸夫(うちさかつねお)
雑誌編集者・トレイルランナー
「ターザン」創刊以来、数多くの運動選手、コーチ、医者、科学者に取材し、最新最良な運動科学とフィットネスを誌面で提供している。2005年からトレイルラニングの連載を開始し、国内外のトレイルを実走開拓しそのコースとマップを紹介。2007年より「UTMB」にとりつかれ、毎年シャモニ・モンブランに通い、その「激走」をレポート。やがてミイラとりがミイラとなり「CCC」を実走するも、やはりというか当たり前に表彰台には上がれない。ついには身代わり、読者代表「チームターザン」を結成し「UTMB」に送り込み、自らはサポートに。本年の「CCC」で上田瑠偉と共に本懐を遂げる。「UTMB」「CCC」に代表される超長距離走のトレーニング、代謝機能改善、エネルギー・水分補給、装備、サポート心理学など、多くをモンブランと「アイアンマン・トライアスロン」、そしてフィリップ・マフェトン博士に学ぶ(写真=小関信平)。

 

 

【開催日時・場所】
日時:2016年10月26日(水) 19時30分~21時30分(開場19時)
場所:インプレスグループセミナールーム(東京都千代田区神田神保町1–105 神保町三井ビル23F)
*地図はこちら
【料金・定員】
2000円 ※当日受付にてお支払いください。
定員 70名 ※定員に達ししだい締切
 

ウェブからの受付は終了しました。会場での受付も可能ですので、
直接会場へお越しください(ただし20時以降は入館できなくなります)。

 

関連地図

関連ニュース

過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
革命的バックパック
スコット・ジュレクなど世界屈指のランナーたちが設計した、アルティメイトディレクションのシグネチャーシリーズが一新!
ハイブリッド型クエン酸?
ハンガーノックに陥った経験のあるランナー必見! 脂肪エネルギーを活用してレース終盤に強くなれ!