MtSN

登録

SPAトレイル 2015 KTK38K

MEMBER

あつくすさん
  • TR POINT
    ‐‐‐‐.‐‐
    pt
    ‐‐‐‐‐
    位/01322
地域
関東 草津
日程
2015年06月28日(日)
スタート地点へのアクセス
バス
スタート地点までは大会のバスにて移動。
天候
曇り時々晴れ

行程

  • 水平移動距離
    32.1km
  • 総標高差
    UP0001713m
    DOWN0001991m
  • タイム
    05:25:04
  • 平均時速
    5.9km
スタート(中之条町野反湖 野反湖ビジターセンター)…10:00
第3エイド(ねどふみの里)…11:16
第4エイド(ふるさと活性化センター)…13:04
第5エイド(田代原ザセンソウ公園)…14:04
フィニッシュ(草津国際スキー場)…15:14
今年から新たに「ハーフ」として新設されたSPAトレイルのKTK 38K。
半分とはいえど、距離が短いと展開の早いレースになることが予想される。
そのため、装備は必携装備を盛り込みつつ、なるべくの軽量化を図った。

スタートからしばらくは平坦なコースになるため、飛ばし過ぎないように
注意しつつ走った。今年から新たに「ハーフ」として新設されたSPAトレイルのKTK 38k。
半分とはいえど、距離が短いと展開の早いレースになることが予想される。
そのため、装備は必携装備を盛り込みつつ、なるべくの軽量化を図った。

スタートからしばらくは平坦なコースになるため、飛ばし過ぎないように
注意しつつ走った。すでにスタートしているSTSK 72kの選手にとっては、第2エイドとなる野反湖ビジターセンターがスタート地点になるため、織り交ざって進むことになる。申し訳ないと思いながらも、SKSKの選手を追い越しつつ進む。

平坦な野反湖周辺を過ぎると、まもなくコース最高地点の弁天山に到着。
ここから下り基調となる。ある程度のタイムを目指すとなると、この下りが重要と考えていたこともあり、とにかく飛ばす方向で進む。
KTK 38kで最初のエイド「ねどふみの里」では、トレラン仲間のNoguchiさんに遭遇! なんとSPAトレイルのスイーパーを務めるとのこと。予想外の出会いに元気をもらいつつ、そばを食して次へと進んだ。
ねどふみの里を過ぎた後には、一部、ロード区間に突入する。途中、折り返してくる選手に遭遇するため、折り返し地点まで近いのかと思ってしまうが、この先、一番の辛い区間が存在する。
それが見上げるような階段。延々と続く階段はかなり脚にこたえた。途中「殺人の滝(さつうぜんのたき)」への標識があり、興味をひかれつつもそちらはコースではないとことで、先へと進む。
殺人的(?)な階段を超えた先にあるエイドで一休みして、先に進むがここからは緩やかな上りとなる。気持ちのよいトレイルが続くが、以外に辛い。走ろうと思えば走れるトレイルというのが大きな原因。とはいえ、ここを走れるかどうかは鍛錬という意味で重要なのかもしれない。

フィニッシュまで残り数キロとなったところから、意外と長く感じるようになる。更にこの辺りから、前を走るKTK 38kの女性の選手と抜きつ抜かれつを繰り返すことに。フィニッシュ後、この女性がKTK 38k女子部門の3位と知って、驚くことになる(最終的にはこの女性には抜かれてしまう)。

その後、走る→歩くを繰り返して無事、フィニッシュへ。フィニッシュ後、KTK 38k男子の15位と知って驚く。今年はハーフ部門での参加だったが、来年はフルの方に出たいかな、と思わせるレースであった。

装備

ザック(inov-8 RACE ULTRA VEST)、水(1.25L)、ウィンドシェル、地図、熊鈴、エマージェンシーブランケット、ヘッドライト(モバイルバッテリー兼用)、現金(5000円程度)、マイカップ、テーピング・バンドエイド、ぷちキンカン、食料(ウイダーイン✕3・ハニースティンガーグミ/ジェル・どら焼き・グミ)

このトレラン記録にコメントする

SPAトレイル 2015 KTK38Kにコメントしたい場合は、ログインする必要があります。

あつくすさんの他のトレラン記録帳

上田瑠偉選手インタビュー
2019年スカイランナー・ワールド・シリーズで、年間チャンピオンに輝いた上田瑠偉選手。現役ランナーたちに伝えたいことを熱い思いと共に語り尽す。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!