MtSN

登録

7th 狩勝トレイルランニング 20km

MEMBER

eijiさん
  • TR POINT
    ‐‐‐‐.‐‐
    pt
    ‐‐‐‐‐
    位/01879
地域
北海道 狩勝高原
日程
2017年05月28日(日)
スタート地点へのアクセス
マイカー
国道38号線を利用し、十勝サホロリゾートを目指します。
天候
晴れ

行程

  • 水平移動距離
    19.8km
  • 総標高差
    UP0000446m
    DOWN0000446m
  • タイム
    01:53:37
  • 平均時速
    10.5km
旧狩勝線線路跡と林道を使ったコースです。昨年の台風の影響で、今回のレースはコースが変更になっています。
標高333mの旧新内駅をスタートし、馬の落し物がところどころにある(^^)林道を進み高度を100m下げます。この間3km程です。その後、林道は標高360mから400mの低山が連なる尾根したをトラバースするように進みます。コース上の最高地点は、364mでした。その後は、細かなアップダウンを繰り返しながら、折り返しとなる標高195mまで下り基調で進みます。
11km付近で折り返し&給水所です。そしてここからは、線路跡を進みます。旧狩勝線は、60年前に廃線になりました。当時の蒸気機関車が登るのには困難であった勾配、25パーミル(1000m進んで25m登る)がゴールの旧新内駅まで続きます。さらに、ここからは4kmの直線を走ります。進んでも進んでも直線。しかも、じわじわと続く登りに心が折れてしまいそうですが、木漏れ日、せみの鳴き声、キツツキが木をつつく音に十勝の初夏の訪れを感じることができ、助けられました。
直線が終わると緩やかなカーブが続きます。蒸気機関車が高度を稼ぐために必要だったカーブです。ここからは、旧狩勝線の見どころスポットが続き、案内看板も所々現れるのですが、チラ見しかできませんでした。立ち止まって写真を取りたいのですが、心に余裕がありませんでした。
16km地点で、2つ目の給水所が用意されていました。この時点で、スタートから1時間半経過していました。漠然と2時間切りたいという思いから、ペースを上げたい気持ちではあるのですが、なかなか進めない… トレランクラブの先輩に以前教えていただいた、腕を引くのではなく、前に突き出すようにして進む作戦を思い出しました。一時は7分/kmまで落ちたペースも6分/kmまであげることができました。残り2kmの看板を見てからは、ペースをさらに上げることができました。残り1kmを切ってからは、心拍数も最大の193bpmになっていました。そして、やっと見えたゴール。記録は1:53'36のクラス32位でした。
激しい登りもシングルトラックもないコースですが、歴史あるコース設定が好きです。何より、4年前にこのレースに出てみたいと思ったのが、トレイルランニングを始めたきっかけになっている思入れのあるレースなのです。
そうそう、今シーズン初のワラーチで走ったレースでもあります。

装備

水分:1L(グレープフルーツジュース、グレープジュース)、シューズ(ベアロックサンダル/Gabbro-Performance Trail Sandals)、ザック(アルティメイトディレクション/SJ Ultra Vest 2.0)

このトレラン記録にコメントする

7th 狩勝トレイルランニング 20kmにコメントしたい場合は、ログインする必要があります。

eijiさんの他のトレラン記録帳

石川弘樹×ルーファス12
石川弘樹がテストを繰り返し、ランナーファーストの使い勝手とフィット感を追求したモデル、ルーファス12。“ちょうどいい”容量がうれしい 多彩なシーンで使えるパック。
体感! 新生レイドライト
フルリニューアルしたレイドライトシューズ。ロング、テクニカル、ハイスピードとあらゆるシーンにマッチしたラインナップが話題を呼んでいる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!