MtSN

登録

南アルプス北部縦走トレイルラン(単独・残雪あり)

MEMBER

宮野 義則さん
  • TR POINT
    0293.28
    pt
    00638
    位/01511
地域
中部 南アルプス仙丈岳(駒ヶ根から市野瀬、地蔵尾根、仙塩尾根)
日程
2017年06月17日(土) ~ 2017年06月18日(日)
スタート地点へのアクセス
その他
駒ヶ根菅の台バスターミナル~市之瀬~柏木登山口(ラン26km) 
ロード区間は真夜中にランで移動。峠越えでは周囲は全く見えない。
天候
晴れ

行程

  • 水平移動距離
    50.5km
  • 総標高差
    UP0003001m
    DOWN0001882m
  • タイム
    14:30:00
  • 平均時速
    3.5km
1日目 
菅の台バスターミナル0:10・・市之瀬4:00
柏木登山口5:00・・・松峰小屋上・・・仙丈岳10:30・・・両俣小屋14:30
(標準コースタイム ロード6時間30分、トレイル14時間40分、合計21時間10分)
(今回の所要時間(休憩含む)2時出発、14時30分着 12時間30分)
 コースタイム59%

2日目 
両俣小屋2:00・・・(林道経由)北沢峠5:00・・・(バス)・・・仙流荘
仙丈岳を越え、仙塩尾根で両俣小屋に行くルートは、登山道がところどころ残雪で覆われているため、コンパスや高度計、地形図を使用して周囲の地形とも山座同定をしながら進む等、的確なルートファインディングが必要です。仙丈岳付近でのメインルート合流場所は他登山者と会いましたが、地蔵尾根、および仙塩尾根は登山者一人ともすれ違いませんでした。仙塩尾根は、主要なピーク以外は道標が全くなく、両俣小屋まで行くための目印と思われるリボンのみがあります。

登山経験が乏しく、レースをメインとしているランナーさんがいきなり入る山としては、単独入山しないほうが無難と思われます(真夏以外)。

仙丈岳カールの下部に位置する仙丈小屋に行くには、残雪を横切らねばならないため、今回は立ち寄りませんでした。水場は柏木登山口から両俣小屋までほとんどありません。念のため、仙丈岳直下の稜線で、残雪の雪水を採取しました。

装備

水2リットル+ボトル500Mlを2本。ジェル5、パン3、おにぎり2

ストックシェルター、ストック、シュラフカバー(真夜中のビバークで使用)

レインウエア(ゴアテックス)、ファストエイド、ヘッドランプ2、予備電池、

エアリアマップ、地形図、時計(GARMIN)、THE North Face 25ザック

トレラン中の写真

このトレラン記録にコメントする

南アルプス北部縦走トレイルラン(単独・残雪あり)にコメントしたい場合は、ログインする必要があります。

関連するトレラン記録

宮野 義則さんの他のトレラン記録帳

小川壮太プロによるPRO TREK Smart 体験イベントレポート
2019年9月に登場したカシオのスマートウォッチ「PRO TREK Smart」の体験講習会レポート。PRO TREK Smartを使えば、心拍数を計りながら、さまざまトレーニングができます。
レッドレンザーNEO10Rは隅々まで明るい!
独自の集光技術で広範囲をムラなく照らすレッドレンザーのヘッドライト。障害物や凹凸のディテールをくっきり照らす!
進化したインソール、シダス「ラン3D」新登場
安定性と衝撃吸収力の高いラン3DプロテクトJPと、しなやかで軽量なラン3DセンスJP。自分の走りにマッチするモデルが選べる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!