MtSN

登録

南アルプス縦走ファストパッキングⅠ

MEMBER

弘瀬 賢一さん
  • TR POINT
    ‐‐‐‐.‐‐
    pt
    ‐‐‐‐‐
    位/01619
地域
中部 仙丈ケ岳、三峰岳、塩見岳
日程
2017年07月24日(月) ~ 2017年07月26日(水)
スタート地点へのアクセス
その他
行き:新幹線と高速バスを乗り継いでJR駒ケ根駅に至る。
帰り:バスと高速バス、電車。
天候
24日:晴れのち曇り、夜雨 25日:曇り時々雨、深夜雨 26日:晴れのち曇り

行程

  • 水平移動距離
    65.8km
  • 総標高差
    UP0005489m
    DOWN0004383m
Day1:約32km(約24kmはロード)
駒ケ根駅(12:00)~中沢峠(14:35)~市ノ瀬~柏木登山口(16:15)~松峰小屋(19:50) ※小屋泊

Day2:約31km
松峰小屋(4:15)~仙丈ケ岳(7:20)~野呂川越(11:15)~三峰岳(13:45)~熊ノ平小屋(15:05)~塩見岳西峰(19:20)~三伏峠小屋(23:00) ※テント泊

Day3:約4km
三伏峠小屋(5:45)~鳥倉登山口(7:15)
南アルプスの北部から中央部にかけて、ファストパッキングで縦走してきました。
実は、あのTJARで終盤、南アルプスへ突入する区間です。

1日目は正午にスタートし、最初の24kmがロードです。
今の季節、ロードはさすがに暑く大変でした。
柏木の登山口に着いたのは夕方で、この日の幕営地までは一時間ぐらい夜間行動を伴いました。

2日目は4時過ぎにスタートしました。
時々雨に打たれ、標高3000mの稜線では寒い時もありました。
今回の山場である塩見岳は山頂で日没となり、岩稜地帯でしたので下るルートを見極めるのが厄介でした。
テント場に着いたのは夜の11時、長い一日でした。

3日目は夜中に雨が降って、テントの中は水浸しです。
この日は下山するだけなので、バスに間に合うようゆっくり出発しました。


利用した水場
柏木登山口:湧水がたくさんでていました。
松峰小屋から南に下った沢:チョロチョロです。
熊ノ平小屋:沢の水が豊富。
三伏峠小屋:有料のミネラルウォーター。

利用した幕営地
松峰小屋:無人の避難小屋で少し荒れている。
三伏峠小屋:キャンプ指定地。

注意事項
・仙丈ケ岳の地蔵尾根はアプローチが悪く長大な尾根で、利用者が少ないせいか道が不明瞭な箇所がいくつかあります。特に夜間は道に迷いやすい。
・塩見岳の西に下りるルートは岩稜なので、夜間は道が分かり難いです。今回、ガスっていたので余計に周囲の状況を把握し難かった。

トレラン中の写真

関連するトレラン記録

弘瀬 賢一さんの他のトレラン記録帳

小川壮太プロとPRO TREK体験!
2019年9月に登場のカシオのスマートウォッチ「PRO TREK Smart」は心拍計測機能が追加! その機能を使いながら、小川壮太プロの直接指導を受けちゃおう!
レッドレンザーNEO10Rは隅々まで明るい!
独自の集光技術で広範囲をムラなく照らすレッドレンザーのヘッドライト。障害物や凹凸のディテールをくっきり照らす!
進化したインソール、シダス「ラン3D」新登場
安定性と衝撃吸収力の高いラン3DプロテクトJPと、しなやかで軽量なラン3DセンスJP。自分の走りにマッチするモデルが選べる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!