MtSN

登録

第18回NACトレイルランinニセコ

MEMBER

eijiさん
  • TR POINT
    ‐‐‐‐.‐‐
    pt
    ‐‐‐‐‐
    位/01322
地域
北海道 ニセコアンヌプリ
日程
2017年09月10日(日)
スタート地点へのアクセス
マイカー
ニセコグラン・ヒラフ駐車場
天候
晴れ時々雨

行程

  • 水平移動距離
    27.1km
  • 総標高差
    UP0002495m
    DOWN0002493m
  • タイム
    05:38:29
  • 平均時速
    4.8km
ニセコグラン・ヒラフ…ニセコアンヌプリ山頂…ニセコアンヌプリ国際スキー場…五色温泉…ニセコアンヌプリ山頂…ニセコグラン・ヒラフ…森の中(^^)…ニセコグラン・ヒラフ
 とにかく登りまくって下りまくります。GPSウォッチの記録をみると登っている時間が3時間半で下りが2時間、平坦なコースを走っている時間はわずか3分でした。
 今年のコース設定はヒラフスキー場のサマーゴンドラ山頂駅まで必死に階段を登ったのち鏡沼方面へ砂利の作業道を進み、苔むした岩場が続く古い登山道を山頂まで登ります。アンヌプリ山頂からは第二ピークまでの稜線を気持ちよく走り、アンヌプリスキー場にぬけるまでは、スリッピーなトレイルを下ります。アンヌプリスキー場に出ると、砂利の作業道をつづら折りに標高500mまでいっきに下ります。ここの砂利は角があるうえに、足が沈むくらいの厚みがありました。下りきったあとは、見返り坂をひたすら歩き五色温泉(755m)を目指します。
 五色温泉登山口ではニセコの山遊び仲間の私設エイドで、おしゃべりをしてコーラを飲んで一息つくことができました。二度目の山頂を目指して登ります。人気がある登山コースなので、多くのハイカーさん達に声援を戴きながら再び山頂にたどり着くことができました。ここまでがおよそ15km、ゴールまでのこり半分です。このレースで唯一気持ちよく走り抜けることができる(と思っている)稜線を再び楽しみました。分岐からヒラフゲレンデをサマーゴンドラ山頂駅、ホリデーコースそれから望羊コースとつないでスキー場の麓(315m)まで下りました。そのあとは、作業道とMTBコースをつないで標高455m付近にあるエース第一ペアリフト降り場まで登り返します。このあとは、森の中を走る5kmの周回コースなのですが、スキー場工事の影響で再び登り返すことになる設定になっていました。この森の中は沢越えやロープ場が複数箇所あり、大きな倒木の上を平均台のように進み、フィールドアスレチックで遊んでいる様でした。森の周回コースから最大斜度19度(勾配34%)の急登を越えゲレンデにもどり、ゴール目指して駆け下りました。

装備

水:1L、電解質飲料:500mL、シューズ(アルトラ/キングMT)、ザック(アルティメイトディレクション/SJウルトラベスト)、電解質飴、ビスケット、チキンラーメン、柿ピー

トレラン中の写真

このトレラン記録にコメントする

第18回NACトレイルランinニセコにコメントしたい場合は、ログインする必要があります。

関連するトレラン記録

Niseko-Yotei(ニセコ連峰縦走+羊蹄山)

eijiさん
日程
2019年08月11日 ~ 2019年08月12日
地域
北海道 ニセコ連峰+羊蹄山(前雷電山、雷電山、岩内岳、目国内岳、前目国内岳、白樺山、シャクナ芸岳、チセヌプリ、ニトヌプリ、ニセコアンヌプリ)

eijiさんの他のトレラン記録帳

Niseko-Yotei(ニセコ連峰縦走+羊蹄山)

eijiさん
日程
2019年08月11日 ~ 2019年08月12日
地域
北海道 ニセコ連峰+羊蹄山(前雷電山、雷電山、岩内岳、目国内岳、前目国内岳、白樺山、シャクナ芸岳、チセヌプリ、ニトヌプリ、ニセコアンヌプリ)
上田瑠偉選手インタビュー
2019年スカイランナー・ワールド・シリーズで、年間チャンピオンに輝いた上田瑠偉選手。現役ランナーたちに伝えたいことを熱い思いと共に語り尽す。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!