MtSN

登録

北海道アウトドアフェスティバル 2017 in ルスツ トレイル ランニング60km DNFでした...

MEMBER

eijiさん
  • TR POINT
    ‐‐‐‐.‐‐
    pt
    ‐‐‐‐‐
    位/01322
地域
北海道 尻別岳、ルスツリゾート
日程
2017年09月24日(日)
スタート地点へのアクセス
マイカー
ルスツリゾートの駐車場利用
天候
晴れ

行程

  • 水平移動距離
    45.7km
  • 総標高差
    UP0002973m
    DOWN0002686m
  • タイム
    09:43:21
  • 平均時速
    4.7km
3:30スタート
41.5kmの関門でリタイヤ
リタイアした記録です。悪しからず...
前日の激しい雷雨のせいでスキー場ゲレンデをのぞき、ぬかるみが多いコースでした。渡渉もひざ下まで濁った水のなか渡りました。
ルスツトレイルランはオリエンテーリング協会が共催していることもあり、Ecardと呼ばれる小型の機器を携帯します。チェクポイントが設定されており、Ecardをコントロールユニットに接触させてながら進みます。60kmのクラスで23ヶ所あります。また、事前にコースが記された地形図も渡されます。
ルスツリゾートMt.ウエストの麓をスタート。Mt.ウエスト山頂(715m)を越え、ロード区間をはさみ尻別岳(1107.3m)を越えて再びMt.ウエストの麓へもどり、Mt.イースト(868m)中腹を経由して林道をつなぎMt.イゾラ(貫気別山994m)の山頂を踏んでから一気に麓(460m)までくだり、そこからMt.イースト山頂へ登り返しスタート地点まで戻りゴールとなる累積標高3,565mのレースです。
しかし、今回2つ目の関門(40km)でリタイヤしてしましました。関門時間までは30分あったのですが...
体力や栄養の取り方など色々な面で力不足だったと感じていますが、コースロストが発端となったメンタルの弱さがあったかもしれません。ロストしてから正規のコースに復帰するまで4.5km、54分費やしてしまいました。
ココロ折れると先に進む気力だけでなく、栄養もまともに摂ることもできなることを経験しました。レースの2/3の地点でリタイヤしたのにザックの中の水分や行動食は半分以上残っていました。しっかり食べていたなら...立ち止まって地図を確認していたなら...と痛感させられたレースでした。

装備

水:1.5L、スポーツドリンク500mL、シューズ(アルトラ/キングMT)、ザック(アルティメイトディレクション/SJウルトラベスト)、自作エナジージェル、小さいスニッカーズ、柿の種、飴(うめ、電解質)、ヘッドライト、地形図、熊鈴(ヒグマに唸られた選手がいたそうです)

このトレラン記録にコメントする

北海道アウトドアフェスティバル 2017 in ルスツ トレイル ランニング60km DNFでした...にコメントしたい場合は、ログインする必要があります。

関連するトレラン記録

Niseko-Yotei(ニセコ連峰縦走+羊蹄山)

eijiさん
日程
2019年08月11日 ~ 2019年08月12日
地域
北海道 ニセコ連峰+羊蹄山(前雷電山、雷電山、岩内岳、目国内岳、前目国内岳、白樺山、シャクナ芸岳、チセヌプリ、ニトヌプリ、ニセコアンヌプリ)

eijiさんの他のトレラン記録帳

Niseko-Yotei(ニセコ連峰縦走+羊蹄山)

eijiさん
日程
2019年08月11日 ~ 2019年08月12日
地域
北海道 ニセコ連峰+羊蹄山(前雷電山、雷電山、岩内岳、目国内岳、前目国内岳、白樺山、シャクナ芸岳、チセヌプリ、ニトヌプリ、ニセコアンヌプリ)
上田瑠偉選手インタビュー
2019年スカイランナー・ワールド・シリーズで、年間チャンピオンに輝いた上田瑠偉選手。現役ランナーたちに伝えたいことを熱い思いと共に語り尽す。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!