MtSN

登録

第25回日本山岳耐久レース

MEMBER

kenさん
  • TR POINT
    0070.96
    pt
    00188
    位/02402
地域
関東
日程
2017年10月08日(日) ~ 2017年10月09日(月)
スタート地点へのアクセス
マイカー
前日昼に武蔵五日市駅前タイムズに駐車し、当日電車で現地入り
天候
スタート時は快晴、暑いくらい。19時以降パラパラと雨が降る場面があった

行程

  • 水平移動距離
    59.2km
  • 総標高差
    UP0004581m
    DOWN0004578m
  • タイム
    11:51:13
  • 平均時速
    5.0km
前々日まで雨が降っていたが、トレイルへの影響はほぼ無し。
中盤の3つのピークの下りで、スリッピーなサーフェスになっていた程度。
月夜見の第2関門以降、金比羅尾根以外は霧がひどく、ライトを使用しても3m先も見えず。
カラーフィルムを貼っていなければ危なかった。

スタートより非常に気温が高く、手元の時計(体温の影響はあるが)の温度計ではレース中の平均気温は23℃。
一昨年初めて出た際は、平均気温が12℃を下回っていたためまるっきり別レースになってしまっい、2時間30分以上ベストより遅れる結果になった。
レースを通し、水不足・体温の高止まりで非常にタフなレースになった。

装備

水分:スタート時水1.5ℓ アクエリ0.5ℓ コーラ0.5ℓ
月夜見:水1.5ℓ補給 大岳水場:水1.5ℓ 合計5.5ℓ
ジェル:170kcal*12個(10個使用)
ベスパ:6本(5本使用)
ライト:頭・腰・ハンド(オレンジフィルム着用。胸ライトは持参したが使用せず)

このトレラン記録にコメントする

第25回日本山岳耐久レースにコメントしたい場合は、ログインする必要があります。

レース直前の5週間、勝つために山田琢也がしたこと
信越五岳110㎞を制した山田琢也選手。今回は直前の5週間、トレーニングとコンディショニングを徹底した。そのノウハウを大公開!
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!