MtSN

登録

第3回龍馬脱藩トレイルレース

MEMBER

Noriさん
  • TR POINT
    0049.49
    pt
    00098
    位/02097
地域
四国 天狗高原、大引割小引割、矢筈峠、不入山、四万十川源流点、鶴松森、風の里公園、幡蛇森
日程
2018年10月28日(日)
スタート地点へのアクセス
マイカー
宿泊施設から車の相乗り
天候
霧雨後晴れ

行程

  • 水平移動距離
    59.0km
  • 総標高差
    UP0003414m
    DOWN0004522m
  • タイム
    09:02:10
  • 平均時速
    6.5km
天狗高原(4:03)、不入山(6:15:27)、四万十川源流点(6:38:08)、道の駅布施ヶ坂(7:42:30)、鶴松森(8:42:03)、第二関門(8:54:53)、第三関門(10:54:10)、第四関門(11:28:44)、幡蛇森(12:32:20)、ゴール(13:06:33)
走ってみて、ロードの下りと急峻なトレイルの登りを組み合わせたコースというのが率直な感想。ロードがものすごく長く感じた(大腿四頭筋が強化された。。。)
レース全体としては、スタート前から胸焼けを起こしていたこともあり、苦しい展開であった。レース中に胃腸トラブル(胸焼け)を経験したことがなく、給水で押さえながら走る感じ。なので、エイドもコーラを流し込んだり、梅干しをかじったりしただけ。ジェルは受け付けたが、自作ジェルを落としてしまっていたため、最後は少し燃料切れであった。
レース展開だが、スタート後はみんな押さえて走っていたので先頭集団につけて様子を伺いながら進む。コース上のマーキングが十分ではなく、ロストしたり集団でライトを頼りにテープを探しながら進む展開であった。急峻な不入山で完全にばらける。不入山はかなりの岩場できつかったが面白いコースであった。この下山中に見た朝日が非常にきれいであった。
長いロードを経て第二関門前の急登である鶴松森は押さえながらいったので足を残しているつもりであったが、段差に引っかかり痙攣を起こしてしまった。第二関門は8位で通過したが、稜線上のロードで急激に寒さを感じ、上着を着て更に手袋をはめて体力回復を図る。このとき1名に抜かれたが、ちょうど良いペースだったのでペースメーカーとして利用させてもらった。体力回復後はこのランナーの他、先行する2名のランナーも抜いて6位に。
最後の一山である幡蛇森も落ちていた木をストック代わりに使って乗り切り、最後1名抜いてゴール。5位と思っていたら4位だったらしい。表彰台は逃したが、それなりに積極的なレースを展開できて満足。

装備

必携品(ドリンク1L、行動食、携帯用コップ、雨具(上下)、ライト、サバイバルシート、救急セット(絆創膏、テーピング消毒液)、携帯電話)のみ。エイドの食料は期待できないので、自作ジェルを多めに持つ。

Noriさんの他のトレラン記録帳

マウンテニアリング思想から生まれたギア
2018年にトレイルランニングに本格参入したミレー。老舗登山メーカーにより開発された、信頼のトレイルランギアに注目。
大注目のNewモデル、レイドライト
バックパックやウェアでで評価の高いレイドライト、シューズ戦線に本格参戦。距離・サーフェス・走りの志向に応じたモデルを用意。
皮膚を守ることが完走へのパスポート
トランスジャパンアルプスレースでも実証された、皮膚保護クリーム「プロテクトJ1」の実力をレポートする。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!