MtSN

登録

FKT/奥武蔵:西吾野駅~関八州見晴台

上田瑠偉のFKTチャレンジ4

紹介者

地域
関東 埼玉県
標準歩行時間
1時間 50分
走行距離
3.4km
標高差
上り:542m 下り:214m

FKTランキング

概要

走行適期

コースマップ

行程

西吾野駅~高山不動尊~関八洲見晴台

西吾野駅から徒歩5分ほどで行ける『パノラマコース』のトレイルヘッド手前の吾笑楽(小木橋付近)がスタート地点です。そのパノラマコースを登っていき、高山不動尊を通って関八州見晴台にフィニッシュする約3.3㎞、標高で約540mアップする、短いながら厳しいコースになります。

最初のパノラマコースでガッと一気に標高を上げて、その後にわりと走れるトラバース道を通っていき、高山不動尊では名物の大銀杏の前にある階段地獄が待ち構え、最後の最関八州見晴台への登りもわりと急坂……という、心拍数が常に上がりっぱなしのハードさです。

今回の僕のタイムが23分ほど。かなり短時間で終わるバーティカルコースで、心肺や脚を鍛えるトレーニングコースとして使えるなと思いました。

 


西吾野駅の改札を出て坂を下り、橋を渡ったらすぐ右に向かう。
高山不動の看板が出ている。そこから600mほど進んだところにまた橋があり、
渡った右手に写真の吾笑楽(茶屋)がある。この建物前の道標がスタート地点

 

 


道標でパノラマコースを確認してスタート、すぐに写真の道標が出てくるので左へ。
ここからトレイルに入る。パノラマコースは20年以上前に切り開かれ、
つづら折れコースの途中で展望のいいポイントもある

 

 


つづら折りの途中で最初の分岐がある。ここでは高山不動尊をめざして左へ折れる

 


つづら折りが終わり、写真の石地蔵のある分岐を右へ。
写真では右手前側から走ってきて右奥に折れていく

 


高山不動尊が近づいてきたら、道標では「大イチョウ」をめざしていく。
境内に入ったら左手に石階段が見えてくる。かなり急で雨の日はスリッピー。
息を整え注意して登ろう。階段を登り終えたら左へ。
高山不動尊とトイレの間を抜けて関八州見晴台に続くトレイルに入る

 


舗装路に出る手前で二股に分かれるが、どちらを通ってもさほど変わらない。
トレイルから舗装路に出ると、右手に写真の道標とトレイル入口が見える。
ここを登っていく

 

 


再び舗装路に出たら右手に、写真の関八州見晴台入口がある。
ここを駈け上がれば山頂に到着するが、最後の心臓破りの坂はかなりしびれる斜度。
山頂は開けて東屋もある。とくに東京方面が開けており、
空気が澄んだ日はスカイツリーが見られることも。
フィニッシュ後は西吾野駅に下るか、別ルートで顔振峠にも行ける

近隣のコースガイド

石川弘樹×ルーファス12
石川弘樹がテストを繰り返し、ランナーファーストの使い勝手とフィット感を追求したモデル、ルーファス12。“ちょうどいい”容量がうれしい 多彩なシーンで使えるパック。
体感! 新生レイドライト
フルリニューアルしたレイドライトシューズ。ロング、テクニカル、ハイスピードとあらゆるシーンにマッチしたラインナップが話題を呼んでいる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!