MtSN

登録

【PR】雄大な北海道が舞台の2つのレース「第5回 大雪山ウルトラトレイル」「第3回 十勝岳トレイルinかみふらの・びえい」

2017.05.25

この夏、北海道中央部の大山脈・大雪(たいせつ)山系をめぐる2つのトレイルレースが開催される。

 

「第5回 大雪山ウルトラトレイル」

北海道・大雪山系を縦走する壮大なスケールのトレイルレース。参加種目(80k、40k、15k)、参加者数(550名)ともに北海道随一の規模を誇る大会で、北海道ならではの自然の雄大さ、食、気候などが味わえる大会として、関東を中心に、南は沖縄からも参加者が集まる。

前夜祭では名物「北大雪鍋」や、地元特産の「白滝じゃが」などがふるまわれ、地域あげてのおもてなしをしてくれる。

 

第5回大会となる今年は、ゲストランナーに鏑木毅さんを招へいしている。また、昨年80K優勝の滝澤空良(スカイレース・世界選手権ユース日本代表)、40K優勝の高村貴子(昨年ハセツネ優勝)も出場予定だ。



●開催日 2017年7月23日(日)
●場所 北海道大雪山系(遠軽町白滝)
種目 80km(大雪山ウルトラトレイル)、40km(白滝天狗トレイル)、15km(えんがる白滝ジオトレイル)
●申込締切 6月16日
●公式サイト http://taisetsuzan-ultratrail.com

 

 

「第3回 十勝岳トレイルinかみふらの・びえい」

上富良野町の日の出公園をスタート(ロングコース)し、十勝連峰の主峰・十勝岳を中心とした山々が連なる山麓のトレイルを駆け巡るレース。噴煙を吐く十勝岳の中腹・望岳台(ぼうがくだい)からの景色は圧巻。トレイルもアップダウンに富み、北海道ならではのマウンテンランを楽しめる。

種目は40k、25k、10kの3種目で、ビギナーから本格的なトレイルランナーも楽しめる本格的大会だ。今年は昨年の台風の影響でコースが一部変更となる。

ゴール後は十勝岳温泉でゆっくりとくつろげる。

●開催日 2017年8月20日(日)
●場所 北海道大雪山系(上富良野町・美瑛町)
●種目 40km、25km、10km
●申込締切 7月21日
●公式サイト http://tokachidake-trail.com

関連ニュース

レース直前の5週間、勝つために山田琢也がしたこと
信越五岳110㎞を制した山田琢也選手。今回は直前の5週間、トレーニングとコンディショニングを徹底した。そのノウハウを大公開!
アーチでインソールは変わる!
インソールを足のアーチの高さにあわせると、より速くなる! より強くなる! 3週類のアーチの高さから選べるインソール、シダスから登場!
ロードランシューズも〝時〟によって「履き分け」を
ブルックス「ゴースト10」は硬いアスファルトでの走りでも路面からの衝撃の強弱に合わせた吸収力と反発力を発揮し、膝への負担を和らげてくれる。
CEPソックスで走りが変わる!
最高級の品質と機能性を誇るCEPのソックス。着圧機能、アーチサポート、メディコンプレッションなどソックスから走りを進化させる!
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!