MtSN

登録

山岳スキーレースのネタもアリ! 『山とスキー2018』が発売中!

2017.12.20

MtSNをご覧のみなさま。本格的なスノーシーズンを迎えましたが、冬はトレイルランだけではなく、バックカントリースキー(以下、BCスキー)も楽しむという方も多いのではないでしょうか。

TECビンディングやファットスキーの登場など、昨今のスキー用具の進化はめざましいものがあります。ひと昔前は、BCスキーといえば春のツアースキーを指しましたが、この進化により、現在では厳冬期のパウダースキーをイメージするようになっています。

そんな進化を続ける山スキーの「用具」「ハウツー」「コースガイド」について、ビギナー目線でわかりやすく紹介したのが、山と溪谷社から発売中の『山とスキー 2018』に掲載のコチラ、「特集 山スキー入門」です!

 

 

■特集 山スキー入門


ブーツ、ビンディング、スキー板をはじめ、ヘルメットやゴーグルなどの小物にいたるまで、用具の基礎知識と選び方について懇切丁寧に解説します。

 

山スキーとゲレンデスキーの最大の違いは「登り」。そう、スキーを履いて山を登るという技術が求められます。急斜面になったらどうすればいいのか、方向転換する場合には?等々、こまやかな ハウツーも満載。

 

■初心者にもおすすめ! バックカントリースキーコースガイド

ビギナーでもチャレンジできるレベルの、詳細な地形図ベースのルートガイドもあります。

 

■バックカントリースキーのリスクマネジメント

BCスキー人口の増加に伴い、遭難事故も増えています。遭難をこれ以上増やさないよう、過去の事故例を掲載。ケーススタディとして学んでいただければと思います。

 

■山岳スキーレースにchallenge!

そして、先シーズンから急激に盛り上がりを見せている山岳スキーレースについても紹介。これから競技人口が爆発的に増える!という兆しをみせている今。今シーズンからエントリーすれば、トップランカーになるのも夢ではありません!

そんな情報がぎっしり詰まった一冊が、11月29日(水)に発売になりました。

ぜひ書店でご覧ください!

 

『山とスキー2018
山と溪谷社
1400円+税
11月29日(水)発売

Amazonで購入する

最新ニュース

皮膚を守ることが完走へのパスポート
トランスジャパンアルプスレースでも実証された、皮膚保護クリーム「プロテクトJ1」の実力をレポートする。
トレイルレースとロード練習。履き分けベストチョイス
ロード練習もトレイルも、足に合うシューズで統一したい。ランナーと同じ目線のブルックスの2足を履き分けてみてはいかがだろうか?
水分に加え、塩分+カリウムを補給しよう
モニタプレゼントあり! 酷暑の夏を乗り切るには水分だけではNG。「塩熱飴」でナトリウム、カリウム、マグネシウムなど電解質を補給し、熱中症対策を!
究極のオールラウンドシューズ「Bajada」
2012年のデビュー以来、数々のレースでウィナーの足元を支えてきたモントレイルの「バハダ」のポテンシャルに迫る。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!