MtSN

登録

山岳スキーレースのネタもアリ! 『山とスキー2018』が発売中!

2017.12.20

MtSNをご覧のみなさま。本格的なスノーシーズンを迎えましたが、冬はトレイルランだけではなく、バックカントリースキー(以下、BCスキー)も楽しむという方も多いのではないでしょうか。

TECビンディングやファットスキーの登場など、昨今のスキー用具の進化はめざましいものがあります。ひと昔前は、BCスキーといえば春のツアースキーを指しましたが、この進化により、現在では厳冬期のパウダースキーをイメージするようになっています。

そんな進化を続ける山スキーの「用具」「ハウツー」「コースガイド」について、ビギナー目線でわかりやすく紹介したのが、山と溪谷社から発売中の『山とスキー 2018』に掲載のコチラ、「特集 山スキー入門」です!

 

 

■特集 山スキー入門


ブーツ、ビンディング、スキー板をはじめ、ヘルメットやゴーグルなどの小物にいたるまで、用具の基礎知識と選び方について懇切丁寧に解説します。

 

山スキーとゲレンデスキーの最大の違いは「登り」。そう、スキーを履いて山を登るという技術が求められます。急斜面になったらどうすればいいのか、方向転換する場合には?等々、こまやかな ハウツーも満載。

 

■初心者にもおすすめ! バックカントリースキーコースガイド

ビギナーでもチャレンジできるレベルの、詳細な地形図ベースのルートガイドもあります。

 

■バックカントリースキーのリスクマネジメント

BCスキー人口の増加に伴い、遭難事故も増えています。遭難をこれ以上増やさないよう、過去の事故例を掲載。ケーススタディとして学んでいただければと思います。

 

■山岳スキーレースにchallenge!

そして、先シーズンから急激に盛り上がりを見せている山岳スキーレースについても紹介。これから競技人口が爆発的に増える!という兆しをみせている今。今シーズンからエントリーすれば、トップランカーになるのも夢ではありません!

そんな情報がぎっしり詰まった一冊が、11月29日(水)に発売になりました。

ぜひ書店でご覧ください!

 

『山とスキー2018
山と溪谷社
1400円+税
11月29日(水)発売

Amazonで購入する

関連ニュース

レース直前の5週間、勝つために山田琢也がしたこと
信越五岳110㎞を制した山田琢也選手。今回は直前の5週間、トレーニングとコンディショニングを徹底した。そのノウハウを大公開!
アーチでインソールは変わる!
インソールを足のアーチの高さにあわせると、より速くなる! より強くなる! 3週類のアーチの高さから選べるインソール、シダスから登場!
ロードランシューズも〝時〟によって「履き分け」を
ブルックス「ゴースト10」は硬いアスファルトでの走りでも路面からの衝撃の強弱に合わせた吸収力と反発力を発揮し、膝への負担を和らげてくれる。
CEPソックスで走りが変わる!
最高級の品質と機能性を誇るCEPのソックス。着圧機能、アーチサポート、メディコンプレッションなどソックスから走りを進化させる!
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!