MtSN

登録

2017年TRランキング 総合ランキング・年代別ランキング結果発表! 

2018.01.31

トップランナーからファンランナーまで、多くのMtSN登録会員の皆さんに参加いただいているMtSN・TRポイントランキング。現在、約3000名の会員の皆さんがランキングに登録しています。

では、早速2017 年の年間総合ランキングを発表します!


                                       (写真=一瀬立子 / MtSN)

 

男子総合1位は、上田瑠偉さんと宮原 徹さんです!  今年からバーティカルレースでも高ポイントを獲得できるようにルールをを見直したことで、バーティカルの第一人者の宮原さんが1位に浮上。上田瑠偉さんは国内外で素晴らしい結果を残し、納得のTRランキング1位です。
女子は、高村貴子さん、吉住友里さん、鈴木潤子さん、大石由美子さんの4名が1位に輝きました。ミドルレースやスカイレースに強い高村さん、バーティカルに強い吉住さん、100㎞前後に強い大石さん、100マイルに強い鈴木さん。得意種目がそれぞれ異なる4人の選手が同点1位という結果になるのが、TRランキングのおもしろいところです。

 

 

男子総合ランキング⇒こちら

それでは、男子総合1位の二人の戦績を紹介します。
☆総合ランキング男子1位 上田瑠偉 / Ruy Ueda (東京都) ⇒ 上田瑠偉さんのMy Page
現在24歳の上田は並み居る強豪を抑え、日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)で優勝。また、Zao Skyrunning スカイレースでも優勝し、スカイランニングのアジアチャンピオンに。また、KOREA50Kでも優勝、ドロミテスカイレース(イタリア)で9位、スカイレース コマペドローサ(アンドラ公国)で3位と、海外でも上位入賞を果たし、世界レベルの力を見せた。

2018年はスカイランニング世界選手権など、スカイランニングレースをメインに戦っていくとのこと。2018年、「世界の上田瑠偉」としての戦いぶりを見せてくれることを期待している。

 


第25回日本山岳耐久レースで3年ぶりに優勝した上田瑠偉(写真=下山展弘/ MtSN)

 

☆総合ランキング男子1位 宮原 徹 / Toru Miyahara (静岡県)⇒ 宮原 徹さんのMy Page
同点1位となった宮原 徹は、国内では右に出るものがいないバーティカルの第一人者だ。宮原のMy Pageを見てほしい。順位は1位で埋めつくされている。いつ話しても穏やかな印象の宮原だが、絶対的な強さから生まれる余裕なのだろうか。36歳の宮原は、「自分を越えて、若い選手が強くなっていってくれたらいいと思う」と話している。2018年、国内で負けなしの宮原を越える選手が現われるのか、それとも宮原が勝ち続けるのか。
今年もぜひ注目してほしい。

 


Zao SkyrunningでVKアジアチャンピオンになった宮原 徹(写真提供=Zao Skyrunning)

 

続いて、男子総合ランキング3位~17位の発表です。ランクインされた皆さんの名前をクリックすると、My Pageへ飛びます。

☆男子総合ランキング3位~17位まで(敬称略)

3位 森本幸司
4位 東 徹
4位 三浦裕一
4位 牧野公則
4位 名取将大
4位 成瀬康夫
9位 細山雄一
9位 西村広和
11位 町田知宏
11位 嶋崎功一
11位 瀬尾 豪
11位 川崎雄哉
11位 堀江謙一
16位 板垣 渚
17位 山田琢也
17位 吉田岳生
17位 中根孝太
17位 平賀太智

 

次ページでは、女子総合ランキングを発表します。

関連ニュース

レース直前の5週間、勝つために山田琢也がしたこと
信越五岳110㎞を制した山田琢也選手。今回は直前の5週間、トレーニングとコンディショニングを徹底した。そのノウハウを大公開!
アーチでインソールは変わる!
インソールを足のアーチの高さにあわせると、より速くなる! より強くなる! 3週類のアーチの高さから選べるインソール、シダスから登場!
ロードランシューズも〝時〟によって「履き分け」を
ブルックス「ゴースト10」は硬いアスファルトでの走りでも路面からの衝撃の強弱に合わせた吸収力と反発力を発揮し、膝への負担を和らげてくれる。
CEPソックスで走りが変わる!
最高級の品質と機能性を誇るCEPのソックス。着圧機能、アーチサポート、メディコンプレッションなどソックスから走りを進化させる!
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!