MtSN

登録

ハセツネ『2018年安全走行講習会』、二次募集の受付中。締切は3月26日

2018.03.07

日本山岳耐久レース「2018年安全走行講習会」第11期の二次募集が現在受け付け中だ。
二次募集の申込期間は3月26日(月)まで。書類選考のうえ合否を決定し、10名に達ししだい締め切りとなる。

 

 

「安全走行講習会」は2008年に始まり、今年で11年目を迎える。4月から9月までの毎月1回、計6回の講習会を通して、昼夜を問わず安全にコースを走行できる技術と知識(夜間走行、食糧計画、体力、走法等)、緊急時の対応(セルフレスキュー、救護、搬送、ツエルトビバーク、ロープワーク等)、山の基礎知識(マナー、気象、用語、地図読み、地理、歴史等)が習得できる。

山で遊ぶために基本的に知っておくべきことを総合的に学習できるため、今後、山をアクティブに楽しめるようになりたいトレイルランナーにお勧めだ。

 

 

なお、これまでの卒業生は、さまざまなトレイルレースでマーシャルやスイーパーを担える人材となっている。また、講習会で共に学ぶうちに仲間が増えるのはもちろん、フィールドでの遊び方も拡がり、登山はもとよりロゲイニング、アドベンチャーレース、雪山、クライミング、MTBなどを新たに始めるきっかけにもなるだろう。

 

 

●安全走行講習会のサイトはこちら

 

「安全走行講習会」は2008年に始まり、今年で11年目を迎える講習会だ。4月から9月までの毎月1回、計6回の講習会を通して、昼夜を問わず安全にコースを走行できる技術と知識(夜間走行、食糧計画、体力、走法等)、緊急時の対応(セルフレスキュー、救護、搬送、ツエルトビバーク、ロープワーク等)、山の基礎知識(マナー、気象、用語、地図読み、地理、歴史等)が習得できる。

山で遊ぶために基本的に知っておくべきことを総合的に学習できるため、今後、山をアクティブに楽しめるようになりたいトレイルランナーにお勧めだ。

 

関連ニュース

ランの疲労を素早くリカバリーする
医療分野で蓄積された専門的データをフィードバックしたシダスの「3Dサンダル」で、筋肉をほぐし疲労を回復を期待。
石川弘樹プロデュースの新作パック
「ルーファス8」の発展型ともいえる今作は、容量が12Lに増えたうえに、定評があったフィット感の高さと使い勝手がさらにアップ。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!