MtSN

登録

【連載】100Miler's Faces Vol.1 ~世界レベルの100マイラー、土井 陵~

2018.04.25

取材・文=一瀬立子(MtSN)

100マイルは誰にとっても”一大プロジェクト”。レースに向けた準備は「これが正解」という答えはない。自分と向き合い、目標に向かっていくしかない。その準備や思いは人それぞれ。

タイムの速い遅いは関係ない。100マイラーそれぞれのトレーニング・装備・思いに迫る、連載「100Miler's Faces」。第1回目は、世界レベルの100マイラー、土井 陵さんです。

 

土井 陵 / Takashi Doi(トレラン歴5年)

◆完走した主な100マイルレース
 UTMB2017 記録 23時間36分41秒 25位

◆平均月間走行距離
 ロード/450km トレイル/150km

◆ランニング以外のトレーニング
体幹トレーニングを2日に1回、アブローラーなど動的なものや姿勢維持のための静的なものをやっています。体のブレを防ぎ効率のよい走りをするため、また、ケガの防止を目的にやっています。特にトレイルの下りでは体幹の強さが走りに直結すると思っています。
他には、週に1~2回はトレッドミルで登りトレーニングをして、週に一度は坂道ダッシュをしています。

◆100マイルレースで使ったシューズ
HOKA ONEONE / SPEEDGOAT、UTMF2018はinov-8 / パークウロウ

◆100マイルレースで使ったザック
 INSTINCT / EVOLUTION TRAIL VEST

◆100マイルレース中の補給食
 ・エネルギー補給の基本はメダリストのジェル
 ・レース後半はおかゆがすごくおいしい
 ・エネルギー効率を上げるため、カツサプとマグマ
 

◆レース中の眠気対策
レース中の眠気対策は特にしませんが、レース前に仮眠をとるようにしています。

故障予防対策
ストレッチを1日に2回以上します。毎朝起きてまずすることは、ストレッチポールで体の歪みの修正、肩甲骨の柔軟性を上げることです。疲労が溜まってきたらローラーで筋膜リリースをしたり、整体で体の状態を整えたりします。練習と同じくらい体のケアには気を遣っています。

100マイル完走に必要なこと
毎日の小さな努力の積み重ね、絶対完走するという強い気持ち。そして、自分を応援してくれている人への感謝の気持ちだと思います。

忙しくてもトレーニングを続けるコツ
100マイルレースへのトレーニングは3~4ヶ月かけて取り組んでいます。体調や仕上がり具合をみて、内容を調整しています。効率が悪いトレーニングをしても意味がないので、調子が上がらないときはトレーニング内容を変えるようにしています。

あとは、周囲の理解を得ることだと思います。私は職場で自分のやっていることを知ってもらうように積極的に話しています。また、家庭では、自分のことばかりでなく、できる範囲で家のこともやるようにしています。もともと料理が好きなので、毎朝家族に朝ごはんを作っています。

◆100マイルレースのおもしろさ
もう無理だと思ってからも復活し、痛みがあってもいつの間にかなくなり、自分の体の変化を感じることができるところです。

単なる競争とは違い、他の選手たちと同じコースで同じ景色を見ながら、苦しみ、楽しみをシェアしていく。他の選手たちをリスペクトしながら、自分との戦いを繰り広げることができるのが、100マイルレースの素晴らしいところだと思います。

 

●UTMF2018への思い

UTMFは今年前半のメインレースという位置づけです。日本で開催される国際的な100マイルレースに、100マイルが得意な自分が出ることで、日本のトレイルラン界を盛り上げたい。日本のトップ選手がここまで勢ぞろいするレースに出る機会はそうそうないので、楽しみでもあります。国内外のトップ選手たちといい走りをして、応援の人たちも思わず熱が入ってしまう。そんな走りがしたいです。

私は昨年FTR100に出場しました。レース中の事故はとても不幸なことでした。しかし、私はこのことで日本のトレイルランが衰退していくのは嫌です。これはトレイルランに関わる人たちみんなで乗り越えていかなければならないことだと思っています。そんな思いも持ちながら、UTMFを走ります。

順位よりも、自分が納得いくレースができるかどうかを重視しています。自分が想定したレース展開ができるかどうか。やはり一番に戦う相手は自分自身ですね。

今回のUTMFのコースは、山と山をつなぐ平坦な部分をいかに走りきるかが鍵だと思っています。日本開催であることを生かして、何度か試走をしてコースについては把握しています。

また、UTMFの実行委員である鏑木 毅さんや福田六花さんと交流する中で、コース整備やレース準備についていろいろと聞いています。沢山の人たちの努力で作られているレースで走らせてもらうんだと思っています。レースの準備をがんばってきてくれた皆さんへの感謝の気持ちを持って全力で走りたいです。

 

 

UTMB 2017 レースレポート Vol.1 土井 陵~3度目のUTMBにかける思い~

 

土井 陵さんをはじめ、12人の100マイラーの装備やトレーニングについてまとめた「Prep for 100milers」は、マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン 2018 春号」に掲載されています。

マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン 2018 春号」の詳細はコチラへ。

マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2018 春号」
山と溪谷社 税込 1,296円
3月30日(金)発売
Amazonで購入する

最新ニュース

皮膚を守ることが完走へのパスポート
トランスジャパンアルプスレースでも実証された、皮膚保護クリーム「プロテクトJ1」の実力をレポートする。
トレイルレースとロード練習。履き分けベストチョイス
ロード練習もトレイルも、足に合うシューズで統一したい。ランナーと同じ目線のブルックスの2足を履き分けてみてはいかがだろうか?
水分に加え、塩分+カリウムを補給しよう
モニタプレゼントあり! 酷暑の夏を乗り切るには水分だけではNG。「塩熱飴」でナトリウム、カリウム、マグネシウムなど電解質を補給し、熱中症対策を!
究極のオールラウンドシューズ「Bajada」
2012年のデビュー以来、数々のレースでウィナーの足元を支えてきたモントレイルの「バハダ」のポテンシャルに迫る。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!