MtSN

登録

【イベントレポート】6/17(日)『鏑木メソッド』刊行記念イベント、大盛況!

2018.06.18

 先週末に刊行された、プロトレイルランナー鏑木 毅さんの著書『鏑木メソッド』の刊行記念トーク&サイン会が、6月17日(日)の夜、神奈川県藤沢市の大型書店「湘南 蔦屋書店」で開催されました。日曜日の夜に関わらず、写真のとおり、たくさんの鏑木さんファンの皆さんにご参加いただき、大盛況となりました。ご参加くださった読者の皆さん、ありがとうございました!

 


皆さん、真剣! 『鏑木メソッド』を片手に、鏑木さんのトークに聴き入っています

 


トーク終了後には、書籍に鏑木さんのサインをいただきました。これは嬉しい!

 

 スケジュールや開催地の都合で、残念ながらイベントに参加できなかった方も多いかと思います。そこで今回、鏑木さんに語っていただいた内容のなかから、とくに印象に残った言葉を、4つご紹介させていただきます。

 

①本当は教えたくなかったことも全部書いています!

20年前、鏑木さんがトレイルランを始めた当時、教えてくれるコーチや教科書はまったく存在しなかったそうです。試行錯誤を重ね、「強くなるため」の技術やトレーニング方法を自ら考案していきました。現役アスリートである鏑木さんにとっては、そのメソッドは本来、教えたくない情報です。一方で、近年、パイオニアとして後進を育てたいという思いも強くなったことから、『鏑木メソッド』としてその詳細を書き下ろすことにしたそうです。本書に対する鏑木さんの本気度が伝わってくるお言葉でした。

 

②本に書いてあることはあくまでエッセンス。自分流に消化してほしい

フルカラーで写真も多く、トレーニング負荷などが詳しく数値で紹介され、読者が内容をイメージしやすいようになっているのが本書の特徴です。教科書とも言えるかもしれません。しかし、本に書かかれていることを一字一句、完璧にこなすことは、鏑木さんの本意ではないというお話がありました。紹介されているトレーニングや技術を、色々試しながら、自分に合ったレベルで実践するようにしましょう。

 

③「パズル理論リバース理論」をぜひ読んでほしい

本書の具体的な内容に踏み込んだお話しでした。第1章P40で紹介している「パズル理論とリバース理論」をぜひ読んでほしいとのことでした。単行本の構成上、2ページでコンパクトに紹介されていますが、トレイルランナーなら重視すべき理論なので、ぜひ読み飛ばさずに自分のトレーニングに取り入れましょう! このふたつの理論は、完全に鏑木さんのオリジナルメソッドです。

 

④楽しむことを忘れずに!

今回のトークで鏑木さんが何度もおっしゃっていたお言葉です。『鏑木メソッド』は確かに「強くなる」ための方法を解説する本ですが、レースの結果や、練習することばかりにとらわれてしまうと、トレイルランの本質を見失ってしまいます。この競技では、あくまで「楽しむこと」を主眼に置いてほしいということを、何度も力説されていました。たとえば、本書で紹介されている「旅ラン」(P20)は、まさにトレイルランの楽しさを凝縮したトレーニングであり、アクティビティです。この「旅ラン」に関しては、イベント参加者の方からも「おすすめの旅先は?」といった質問をいただきました。鏑木さんは「日本の山は本当に素晴らしいところばかりなので、皆さんも色々ところに足を伸ばしてくださいね」と語ってくれました。世界のさまざまな山岳地域に遠征されてきた鏑木さんのお言葉なので、とても説得力があります!

 

 『鏑木メソッド』は、全国の書店・オンラインブックストアで大好評発売中です。鏑木さんが20年のトレイルランニングキャリアで試行錯誤を繰り返し、完成させたトレイルランニング・メソッドを、ぜひ皆さんのステップアップに役立ててくださいね!

詳しい情報は山と溪谷社のHPでも紹介しています→www.yamakei.co.jp/products/2816150310.html

 

 

 

関連ニュース

究極のオールラウンドシューズ「Bajada」
2012年のデビュー以来、数々のレースでウィナーの足元を支えてきたモントレイルの「バハダ」のポテンシャルに迫る。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!