MtSN

登録

アンドラウルトラトレイル2018 現地レポート Vol.1 ~アンドラウルトラトレイルってどんなレース?~

2018.07.03

写真・文=一瀬立子(MtSN)


今年で10周年を迎えるAndorra Ultra Trail Vallnord(アンドラ ウルトラ トレイル ヴァルノード、以下AUTV)。2018年は7月3日〜8日にかけて開催されます。MtSNでは、現地からライブでレースレポートをお届けします。

 

 
ヤマケンこと山本健一さんが2012年、16年に100マイルで2位、17年には丹羽 薫さんが同じく100マイルで2位に入賞したことで、日本でも徐々に知られるようになったAUTV。日本からの参加者は年々増え続けおり、海外からの参加者数はアンドラの隣国であるフランス、スペインに次ぐ多さで、昨年は全カテゴリーを合わせた日本人の参加者数は63人にものぼりました。
 
 
“アンドラ”ってどこにあるの?
アンドラの正式名称は「アンドラ公国」といい、スペインとフランスの間にある小さな国です。面積は東京23区と同じほどしかなく、人口はわずか8万人。
しかし、アンドラには豊かな自然資産があり、トレッキング、トレイルラン、マウンテンバイク、スキーなどのアウトドアスポーツが1年を通して楽しめるアウトドア天国。国内外から多くの人々がレジャーに訪れます。
通貨はユーロ。税金がかからないので、アンドラの隣国よりも買い物がしやすいです。公用語はカタルーニャ語ですが、スペイン語やフランス語も通じます。英語は通じないことがよくあるので、注意してください。
 
 
 
 
■ AUTVはどんなレース?
AUTVは、72カ国から3200人もの参加者が集まるので、アンドラの中でもビッグイベント。多くのスタッフやボランティアスタッフによって、レースは熱く盛り上がります。
 
コースはピレネー山脈を満喫できるがっつり山岳系。100マイルコースの平均標高は2000mもあり、高度順応が必要になります。累積標高差は1万3500mもあり、かなりアップダウンのきつい山岳レースです。
メインとなるのは、170㎞のRonda Dels Cims(ロンダ・デル・シム)ですが、他にも112㎞のMitic、
83㎞のCelestrail、42㎞のMarato Dels Cimsがあり、レベルに合わせて出場できるので心配ありません。よりハードなコースがいいという人には、昨年新設された233㎞のEuforiaもあります。Euforiaはペアレースで、コースマーキングがないので、地図読みのスキルも必要とされる、よりレベルの高いレースカテゴリーです。日本人の完走者はまだいません。
 
今年のEuforiaには、日本から3組が出場します。AUTVアンバサダーの野間陽子さんは昨年に続き2度目のチャレンジ。ペアはなんとTJAR完走者の星野 緑さん。最強女子ペアに完走に期待が高まります!
各レースの様子は、次回のレポートでお届けしますので、お楽しみに!
 
 

2年連続でユーフォリアに出場する野間陽子さん(右)と、
TJAR完走、ハセツネ優勝などの実績をもつ星野 緑さんがチームを結成!
 
 
 
 
[MtSN内の関連記事
 
 
 
 
 

最新ニュース

マウンテニアリング思想から生まれたギア
2018年にトレイルランニングに本格参入したミレー。老舗登山メーカーにより開発された、信頼のトレイルランギアに注目。
大注目のNewモデル、レイドライト
バックパックやウェアでで評価の高いレイドライト、シューズ戦線に本格参戦。距離・サーフェス・走りの志向に応じたモデルを用意。
皮膚を守ることが完走へのパスポート
トランスジャパンアルプスレースでも実証された、皮膚保護クリーム「プロテクトJ1」の実力をレポートする。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!