MtSN

登録

アンドラウルトラトレイル2018 現地レポート Vol.4 〜コース紹介(50㎞地点 / 233㎞コース )~ 

2018.07.11

 写真・文=一瀬立子

 

7月4日、233㎞のEuforia(ユーフォリア)がスタート。

約50km地点のArcalisを行くユーフォリアの選手たちです。標高が2200mあるので、山を登り始めると息苦しさを感じました。アンドラのレースに出場するには、やはり高度順応が必要です。
ここはスキー場の付近の山なので、車でのアクセスが良く、ハイカーが多いところです。谷になっているので、風が強い!

 

 

景色は最高です! ぐるっと山に囲まれていて、下には湖があり、選手たちは絶景の中を進んでいきます。とにかく山が大きいので、アップダウンが激しく、走ると言うよりは歩いている選手が多いです。雪がところどころに残っていますが、硬い雪なので、足が濡れることはありません。
ユーフォリアの選手たちはコースマーキングがないので、自分たちでルートを考えて進んでいきます。レベルの高いレースです。

 

 
 

関連ニュース

究極のオールラウンドシューズ「Bajada」
2012年のデビュー以来、数々のレースでウィナーの足元を支えてきたモントレイルの「バハダ」のポテンシャルに迫る。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!