MtSN

登録

ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)2019は、STYを廃止し、UTMFのみで2019年4月26日〜28日に開催

2018.09.03

ウルトラトレイル・マウントフジ実行委員会から、2019年大会についての声明が発表された。

 

 

 

2019年大会は、UTMFのハーフコースとして開催されてきたSTY(約90㎞)を廃止し、UTMFの定員を増員して開催される。レース内容の大きな変更に至った原因は、スタートフィニッシュ会場が離れた2つのカテゴリーを同一大会にて実施することの負担が大きいという運営上の理由からだ。

 

2019年からは、約170㎞のUTMFのカテゴリーに一本化され、出場者の定員は2400人となる。また、海外からの出場者を増やしたいという思いもあり、海外在住者枠は2400人の定員のうち、800人(全体の約33%)となる。さらに、寄付エントリー枠も新設されるとのこと。集まった寄付金は、使用コースを含めた周辺の環境整備に充てられる。

 

 

 

 

2019年大会の概要は以下の通り。2019年の詳細な大会概要は、9月末までに正式発表される。

 

ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)2019 ※予定

・日程 2019年4月26日(金)~28日(日)
・種目 ウルトラトレイル・マウントフジ(1種目のみ)
・距離 約170km 累積標高差約8,000m
・制限時間 46時間
・コース UTMF2018コースを踏襲予定
・参加資格 UTMF2018 と変更なし(2020年まで参加資格の変更なし)
・参加者数 2400名(うち海外在住者800名)

・エントリー方法 国内・海外在住者ともに抽選制
・エントリー開始日 2018年10月中旬~下旬予定
 

 

 

写真=NPO法人富士トレイルランナーズ倶楽部(撮影:一瀬立子)
 

 

最新ニュース

トレイルレースとロード練習。履き分けベストチョイス
ロード練習もトレイルも、足に合うシューズで統一したい。ランナーと同じ目線のブルックスの2足を履き分けてみてはいかがだろうか?
水分に加え、塩分+カリウムを補給しよう
モニタプレゼントあり! 酷暑の夏を乗り切るには水分だけではNG。「塩熱飴」でナトリウム、カリウム、マグネシウムなど電解質を補給し、熱中症対策を!
究極のオールラウンドシューズ「Bajada」
2012年のデビュー以来、数々のレースでウィナーの足元を支えてきたモントレイルの「バハダ」のポテンシャルに迫る。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!