MtSN

登録

【連載】「RUNNERS’ TALK」 海外トレイルランレースの魅力って? 第2回 文=吉本 亮

2014.11.04

■「ケシュア」(Quechua)

 個人輸入や一部ショップで販売され始めたが、それでもレアなのがフランスのケシュア。シャモニーにもお店があるブランドで全般的に安く、ロゴがグレゴリーに似ているのが特徴。テントが有名らしいけど、ほぼすべての装備品が揃っている。

 

■「カトマンズ」(kathmandu)

 ニュージーランドでチェーン店を展開するお店のブランド。繁華街にはいくつもショップがあり、現地でのバックパッカー使用率が高い。デザインも品質もいいうえ、セールの回数が多いのも特徴なので、見つけたら大人買いしよう。

 

■「4810」

 この数字にピンとくる人手を上げて! イタリアのクールマイヨールに本店があるアウトドアショップで、4810はモンブランの高さ。経営母体は同じくクールマイヨールにあるグリベルで、日本にはピッケルやヘルメットが輸入されている。

4810と書いてあるバッグやシャツもあるけれど、オリジナルのトルデジアン用ストックがイチオシ。固定式で長いストックの表面に、トルデジアンで走破する山々の高低図が長々と印刷されている。使うことがなくてもザックに2本斜め差ししておけば、オーバー200マイルのトレイルランナーみたいでカッコいい!

 

■「レア物を探す楽しみ」

 日本未発売アイテムを見つけるのも海外ならではの魅力。2014UTMBのときは、ザ・ノース・フェイスのフリースがメンズ・ウィメンズだと95ユーロのところ、キッズ用だと40ユーロ。キッズと言っても18と書いてあれば18歳用で大人でも充分な大きさがある。

 またデザインもキッズならではのものがあって目が離せない。とくにL.L.Beanのフリースだとなぜかキッズ用だけ両生類や爬虫類の柄があり、デフォルメしたトカゲがカワイかったりする。さらに背中の下側には安全のために三角の反射板が縫い付けてあり、裏地には誰のものか分かるよう、住所や名前を書く場所が用意されていたりと楽しい。それでいて成人用より安価に売られている。


L.L.Bean」のキッズ用フリース。トカゲ柄がカワイイ!

 

 海外レースのウェアリングは現地の気象条件が見えにくいだけに大変。でもそれを見越して、現地のアウトドアショップを利用して調達すれば、持っていく荷物は少なくなるし、自分へのおみやげにもなるから、積極的に活用したい。

 

吉本 亮(よしもと・まこと)

UTMB、PTL、トルデジアン、ココダチャレンジなど海外のトレイルレースに数多く出場し、なぜか日本よりヨーロッパで有名。トレイルランではいかに速くではなく、いかに楽しめるのかを追求し、ライフスタイルも定職につかない遊び優先の生活を実践中。
http://tokyobanana.com/index.html

 

【連載バックナンバー】

第1回 海外トレイルランレースの魅力って?

 

最新ニュース

小川壮太プロとPRO TREK体験!
2019年9月に登場のカシオのスマートウォッチ「PRO TREK Smart」は心拍計測機能が追加! その機能を使いながら、小川壮太プロの直接指導を受けちゃおう!
レッドレンザーNEO10Rは隅々まで明るい!
独自の集光技術で広範囲をムラなく照らすレッドレンザーのヘッドライト。障害物や凹凸のディテールをくっきり照らす!
進化したインソール、シダス「ラン3D」新登場
安定性と衝撃吸収力の高いラン3DプロテクトJPと、しなやかで軽量なラン3DセンスJP。自分の走りにマッチするモデルが選べる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!