MtSN

登録

2019年1月13日、ハイテクハーフマラソンが開催! フルマラソン新設、トップスカイランナー出場など話題豊富!【PR】 

2018.11.12

2019年1月13日(日)、東京・荒川河川敷で「第20回 ハイテクハーフマラソン」が開催される。今レースは日本陸上競技連盟公認大会で、毎年初心者から上級者まで1万人のランナーが走る人気レースだ。

 


第20回記念大会はフルマラソンが新設され、さらなる盛り上がりが予想される

 

ハーフのコースは、新荒川大橋発着の往復で、朝霞水門先折り返しの上流コースと、堀切橋手前折り返しの下流コースに分かれている。ウェーブスタート方式を取り入れているので、混雑なく快適に走れるようになっている。また、河川敷で行なわれる起伏のないコースなので、ハーフマラソン初出場のランナーでも完走しやすく、上級ランナーは記録更新を狙うこともできる。

20回記念大会の今年は、フルマラソンの部が新設。1年のはじめにしっかりと走って心身に刺激を入れたいランナーにはもってこいの大会だ。フルマラソンの部の完走者には、大会オリジナルメダルが授与されるという楽しみもある。

また、昨年好評だった「山組 VS ロード組」の熱い対決が今回も行なわれる。ロードレースだが、日本を代表するスカイランナー5名が「山組」としてチームを組み、猫ひろし率いるロードランのトップ選手で結成された「ロード組」と、ハーフマラソンのタイムで対決する。

山組のメンバーは以下の5人。日本スカイランニング協会の理事で、日本におけるスカイランニングの先駆者・松本大、「富士登山競走」など数々のバーティカルレースで優勝を果たしている吉住友里、スカイランニング世界選手権 2018で主将を務めた東徹、2018びわ湖バレイスカイレース優勝の星野和昭、スカイランニング世界選手権10位、日本山岳耐久レースで3連覇を果たした 髙村貴子と、今年も豪華な顔ぶれが揃っている。

 


ハイテクハーフマラソン2018で激走する、松本 大選手

 

普段は山をメインに活動をしているトップスカイランナーたちが本気でロードを走る姿を間近で見られる、またとないチャンスだ。この機会に一緒に出場して、トップランナーの走力を肌で感じれば、新年早々いい刺激になること間違いなしだ。

また、フィニッシュ後にはホットタオルが用意されているので、1月の河川敷でも体を冷やす心配がないのもうれしいサービス。表彰式後は、国内で人気のマラソン大会に招待される抽選会もあり、走った後も楽しみが待っている。2019年最初のレースとして出場してみてはいかがだろうか。

 

《山組のメンバー紹介》


松本大(まつもと・だい)


photo:sho fujimaki

 

東 徹(ひがし・とおる)

 

星野和昭(ほしの・かずあき)

 

吉住友里(よしずみ・ゆり)

 

 

髙村貴子(たかむら・たかこ)


photo:sho fujimaki
 

 

 
 
「第20回 ハイテクハーフマラソン」 日本陸上競技連盟公認大会

開催日時 2019年1月13日(日)
会場・コース 荒川河川敷(新荒川大橋野球場をスタート・フィニッシュ)

種目
・ハーフマラソン 制限時間 2時間半 ※ハーフマラソン上流コースのみ公認コース
・フルマラソン 制限時間 6時間
・3㎞マラソン
・2㎞ペアラン(親子、兄弟姉妹、恋人、夫婦など)

参加費
・ハーフマラソン 5500円(15歳以上、中学生を除く)
・フルマラソン 1万1000円
・3㎞マラソン 4500円(小・中・高校生は2500円)
・2㎞ペアラン(完走できる体力を有する男女) 4500円
・限定プレミアムランナー ハーフマラソン1万2000円 / フルマラソン1万7000円
 ※先着300名  暖かい控え室、専用トイレ、荷物置き場、ケータリングを提供

定員 1万人 ※定員になり次第、締切

エントリー
ランネット https://runnet.jp/runtes/raceDetail/top/n203493.html
スポーツエントリー https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/75347

エントリー締切日
2018年11月30日(金)締切

ハイテクハーフマラソン公式ウェブサイト https://hitech-half-marathon.net/

問合せ先
ハイテクハーフマラソン実行委員会
TEL 03-5283-3115
FAX 03-5283-3215

最新ニュース

勝つためのコンディショニングを伝授!
トップランナー奥宮俊佑氏とコンディショニングスペシャリストの桑原弘樹氏が身体のケアとコンディショニング法を語り尽くす!
マウンテニアリング思想から生まれたギア
2018年にトレイルランニングに本格参入したミレー。老舗登山メーカーにより開発された、信頼のトレイルランギアに注目。
大注目のNewモデル、レイドライト
バックパックやウェアでで評価の高いレイドライト、シューズ戦線に本格参戦。距離・サーフェス・走りの志向に応じたモデルを用意。
皮膚を守ることが完走へのパスポート
トランスジャパンアルプスレースでも実証された、皮膚保護クリーム「プロテクトJ1」の実力をレポートする。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!