MtSN

登録

沖縄最北端の島で原風景の中を走ろう! 「第3回 伊平屋ヴィレッジトレイル」が2019年1月26日に開催!【PR】

2018.11.16

​第3回目を迎える「伊平屋(いへや)ヴィレッジトレイル ラン&ウォーク」が、2019年1月26日(土)、沖縄県伊平屋島で開催される。30㎞、15㎞のトレイルレースだけでなく、5㎞のウォーキングとキッズランもあり、バラエティ豊かなコースが用意されているので、走力に自信のある人だけでなく、ハイキングを楽しみたい人でも気軽に参加できる。

沖縄の離島ならではの白い砂浜や、歴史と伝統が残る集落を走るコースもあり、変化に富んだ景色の中を楽しみながら走れるのが魅力だ。

また、地産地消の料理が振る舞われ、沖縄独特の雰囲気が楽しみな「後夜祭」にもぜひ参加したい。後夜祭は大会当日の18:00にスタートする(参加費:大人2000円。定員200名)。

また、大会翌日に有料で参加できる「特別企画」も充実している。「いへや丸ごとバスツアー・摘み立て野草ピッツァ作り」や「しまんちゅガイドと行く歴史さんぽ」など、伊平屋島ならでの楽しい体験が用意されている。

 

美​しい海を見ながら走れば気分爽快!

 

■伊平屋島とは?
伊平屋島は沖縄県最北端の島。沖縄本島の今帰仁(なきじん)村からフェリーに乗り、北西へ1時間20分で到着する。鹿児島県最南端の島・与論島とほぼ同じ緯度にあり、面積は20.59平方㎞、周囲34.23㎞、北東から南西方向に細長い形をした島だ。※ウィキペディア
 神々の伝説が息づく島として知られ、今も観光地化されていないこの地は、沖縄の原風景そのものだ。沖縄らしいきれいな山と海はもちろん、伊平屋島ならではの田畑や独自の歴史も味わえる「伊平屋ヴィレッジトレイル」は、美しい自然や地形はもちろん、歴史的ポイント、さらには集落・砂浜・ダム・神社・国指定の天然記念物「年頭平松」を周回するなど、バラエティに富んだコース設定も魅力だ。 


伊平屋ヴィレッジトレイルのコースマップ(いへやじマンコース30㎞)。※画像をクリックすると拡大します

 


沖縄本来の原風景が味わえるコースを進む

 


■具体的な行動スケジュール例
沖縄本島や沖縄外から参加する場合は、こんなスケジュールになるだろう。

●30㎞ミドルラン参加者(※前泊が必須条件)
・1/25(金) 沖縄本島・今帰仁村の運天港を11:00または15:00発のフェリーに乗り伊平屋島へ。前日受付(16時~17時)をすませ、ブリーフィングに参加して、菅谷和己氏トークショー&交流会に参加。
・1/26(土) 8:30、いへやじマンコーススタート(制限時間5時間30分)。

●15㎞ショートラン、5㎞ウォークの参加者
・1/26(土) 沖縄本島・今帰仁村の運天港11:00発のフェリーに乗って伊平屋島へ。午後、レースに参加。そのまま伊平屋島に泊まって後夜祭に参加。
・1/27(日) 9:00または13:00発のフェリーで運天港へ戻り、那覇空港へ。

なお、那覇空港~運天港はレンタカーで約2時間弱。運天港周辺の駐車場にレンタカーを停め(1日500円)、フェリーで伊平屋島へ。また、那覇空港始発で那覇市街経由、運天港行きの「やんばる急行バス」も運行中(片道3時間弱、2000円)。スケジュールに間に合う便としては、那覇空港国内線6:40→県庁北口6:50→運天港9:29着がある(やんばる急行バス公式サイト)。
東京などから飛行機で那覇空港経由の場合、1/26(土)早朝発の飛行機に乗っても運天港11:00発のフェリーには間に合わないため、1/25(金)に那覇市や名護市、今帰仁村などに前泊することになる。それならいっそのこと伊平屋島に宿泊するのも手だ。その場合は、運天港を1/25(金)15:00発のフェリーで伊平屋島へ。

 

■種目
・いへやじマンコース30㎞(ミドルラン) 8:30スタート(制限5時間半) 定員120名(高校生以上) 参加料6000円
・てるちゃんコース15㎞(ショートラン) 14:30スタート(制限時間3時間半) 定員120名(中学生以上)  参加料5000円
・ヒージャーさんコース5㎞(ウォーク・キッズラン) 14:30スタート(制限時間3時間) 定員160名(小学生以上)  参加料4000円
 

 

 

■エントリー

スポーツエントリー https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/76292
ランネット http://runnet.jp/runtes/raceDetail/top/n205434.html
スポナビDO https://dosports.yahoo-net.jp/events/76871
ファミリーマート(Famiポート)
◎エントリー締切日は2018年12月17日(月)

 
 

後夜祭の模様。最後はみんなで歌い踊る「カチャーシー」で大団円!
 

伊平屋島から帰る頃、そこは「第二の故郷」になっている
 


公式サイト https://iheya-villagetrail.com/
Facebook https://www.facebook.com/iheyavillge.trail/
インスタグラム https://www.instagram.com/iheyavillagetrail/
 

【問合せ先】
アウトドアショップNEOS
TEL 098-877-6122
FAX 098-874-2509
E-mail neostravel@mbr.nifty.com
 

最新ニュース

勝つためのコンディショニングを伝授!
トップランナー奥宮俊佑氏とコンディショニングスペシャリストの桑原弘樹氏が身体のケアとコンディショニング法を語り尽くす!
マウンテニアリング思想から生まれたギア
2018年にトレイルランニングに本格参入したミレー。老舗登山メーカーにより開発された、信頼のトレイルランギアに注目。
大注目のNewモデル、レイドライト
バックパックやウェアでで評価の高いレイドライト、シューズ戦線に本格参戦。距離・サーフェス・走りの志向に応じたモデルを用意。
皮膚を守ることが完走へのパスポート
トランスジャパンアルプスレースでも実証された、皮膚保護クリーム「プロテクトJ1」の実力をレポートする。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!