MtSN

登録

日本唯一の雪上ダウンヒルレース<Snow Vertical Down 2019> エントリー受付中! 【PR】

2018.11.29

日本一クレイジーで熱いレースといっても過言ではないSnow Vertical Down。あなたはもう体験しましたか?

2016年の初開催以来、2019年で4回目となる本大会は、最高斜度20度を超える全長約5㎞の100%下りコースを全力疾走で駆け下るタイムレース。

予選落ちした選手でも参加できるファンランは、スキーヤーもスノーボーダーもいない早朝の白銀の世界を縦横無尽に走り回れる楽しさに満ちています。

 


2018年大会、決勝。トップ争いの模様

 

●推しポイント①「限界を超える疾走感・スピード感を体験!」
過去には数々の著名なトレイルランナーが出場し、その過酷さに誰もが太鼓判を押している。それでも出場者・リピーターともに増えているのは、体験したことのないスピード感とスリル感、そして見渡す限りの雪原を駆け抜ける爽快感にドはまりするから。

●推しポイント②「賞金レース!」
本大会のもう一つの魅力が、国内でも珍しい<賞金が出る>レースだという点。さらに豪華な副賞まで付いてくる。

●推しポイント③「レース以外もめいっぱい遊べる!」
スキー場が普通にウィンター営業をしているなかで行なわれる大会なので、本人も同行者もスキーやスノーボードをめいっぱい楽しめるのがイイ! レースが行なわれるのは夕方と早朝だから、1日目も2日目も昼間はめいっぱいスキーやスノボで遊ぶことができる。子ども連れのファミリー参加者が年々増えているのも納得。春休みの思い出に、大切な方と是非ご一緒に!
また、初日の夜に開催される中夜祭では地元料理や名酒が食べ放題、飲み放題! 夜のゲレンデには花火が打ち上がり、とても幻想的。

※追記:ヒルクライムレースも満を持して初開催予定!!

 


予選インスペクションの様子

 

■開催日 2019年3月16日(土)、17日(日)
■会場 苗場スキー場(新潟県湯沢町)
・種目 ダウンヒルレース5㎞、ヒルクライムレース5㎞ ※全長5㎞、高低差750m
・カテゴリー 一般部門/エリート部門。各、成人男子/成人女子/中学・高校生
・スケジュール 16日(土)夕方:ダウンヒル予選、ヒルクライム本選。17日(日)早朝:ダウンヒル決勝、ファイナルラン、表彰式
・表彰
 エリート部門 優勝(男女) 5万円+副賞
 エリート部門 2~3位(男女) 副賞
 一般部門 1~3位 副賞
 Lucky One賞 一般部門から男女各1名
 参加賞 Raidlightブランド商品

 

●公式サイトhttp://www.naeba-rising.com/

●エントリーはこちら(Runnet)から

※2018年大会 動画のリンク
予選 https://www.youtube.com/watch?v=QTpMzAuRiSA
決勝 https://www.youtube.com/watch?v=5bjfxOHAMVQ

 

※MtSN記事へのリンク
雪上をぶっ飛ばせ! 駆け下れ! トレランの常識をひっくり返すレース、SNOW VERTICAL DOWN 2016~NAEBA-RISING~ レポート【予選編】
雪上をぶっ飛ばせ! 駆け下れ! トレランの常識をひっくり返すレース、SNOW VERTICAL DOWN 2016~NAEBA-RISING~ レポート【決勝編】

 

 

 

 


 

 

 

関連動画

最新ニュース

勝つためのコンディショニングを伝授!
トップランナー奥宮俊佑氏とコンディショニングスペシャリストの桑原弘樹氏が身体のケアとコンディショニング法を語り尽くす!
マウンテニアリング思想から生まれたギア
2018年にトレイルランニングに本格参入したミレー。老舗登山メーカーにより開発された、信頼のトレイルランギアに注目。
大注目のNewモデル、レイドライト
バックパックやウェアでで評価の高いレイドライト、シューズ戦線に本格参戦。距離・サーフェス・走りの志向に応じたモデルを用意。
皮膚を守ることが完走へのパスポート
トランスジャパンアルプスレースでも実証された、皮膚保護クリーム「プロテクトJ1」の実力をレポートする。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!