MtSN

登録

2019レイドライト・ニューモデル試履ランイベントレポート

2018.12.27

 2019年春、リニューアルして登場するレイドライトのトレイルシューズ。その発売に先がけて、12月7日(金)にランイベント「Team RAIDLIGHTメンバーと一緒に走ろう」が開催された。

 このイベントは、レイドライトのニュー・トレイルランシューズ「レスポンシブ ウルトラ」「レボルティブ」「レスポンシブXP」「レスポンシブ ダイナミック」4モデルを試履して、皇居一周ランをするというもの。レイドライト創始者のベヌワ・ラヴァルをはじめ、海外のウルトラ砂漠レースなどで活躍するいいのわたる、高島由佳子、須賀 暁、成瀬野生、代田 渉(敬称略)ら、レイドライトアスリートと一緒に皇居を走る、贅沢な内容だ。
 


さかいやスポーツ・シューズ館(東京・神田神保町)前にブースが設置された
 

 
用意された試履用シューズは、2019年春に発売されるレイドライトのニューモデル「レスポンシブ ウルトラ」「レボルティブ」「レスポンシブXP」「レスポンシブ ダイナミック」4モデル
 


参皇居を一周するコースを全員で走り、レイドライトのニューシューズをチェック
 

 参加者は、東京・神保町の「さかいやスポーツ シューズ館」前に設置されたレイドライトのブースで履きたいシューズを選び、全員一緒に皇居に向かって出発。神保町を出発し、皇居を周回するコースを走り、新しいシューズのフィーリングを試した。皇居ランの後は神保町の銭湯で汗を流し、夜は「さかいやシューズ館」で前出ベヌワ氏、いいのわたる氏がこれまでに参加したウルトラレースをテーマにしたトークイベントが開催された。
 


レイドライト創始者のベヌワ・ラヴァル(左)、いいのわたる(右)も
皇居一周ランを楽しんだ



さかいやスポーツシューズ館で行われたトークイベントに、ベノワ氏も参加


 ランイベントの2日後、12月9日(日)に開催された「IZU TRAIL JOURNEY」(静岡県松崎町〜修善寺/71.4km)には、ベヌワ、いいの両氏がレイドライトのニューシューズを履いて参戦。いいの選手は11月29日〜12月2日に開催された「ALGARVIANA ULTRA TRAIL 」(※ポルトガルで開催された300kmノンストップウルトラレース)完走直後ということで、足の疲れが少し残っていたとのことだが、最後尾からスタートし、1500人を抜いて8時間12分57秒の好タイムで完走(男子総合30位)。ベヌワ氏も9時間43分38秒(同151位)で見事完走を果たした。





IZU TRAIL JOURNEYのスタート地点となる松崎町・農村環境改善センター前で
レイドライトブースを展開。ニューシューズの試履体験ができた
 


ベヌワ・ラヴァル(左)といいのわたる(右)両選手が手に持つのは「レボルティブ」


 ベヌワ、いいの両選手の快走を支えたレイドライトの2019年ニューモデル。高いポテンシャルを秘めた各モデルの登場が楽しみなところだ。シューズの詳細については、MtSNの既出記事を参照してほしい。

 

 

最新ニュース

石川弘樹×ルーファス12
石川弘樹がテストを繰り返し、ランナーファーストの使い勝手とフィット感を追求したモデル、ルーファス12。“ちょうどいい”容量がうれしい 多彩なシーンで使えるパック。
体感! 新生レイドライト
フルリニューアルしたレイドライトシューズ。ロング、テクニカル、ハイスピードとあらゆるシーンにマッチしたラインナップが話題を呼んでいる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!