MtSN

登録

丹羽 薫・いいのわたるペアがトレーニングとして鈴鹿山脈縦走105kmにチャレンジ!

2019.04.24

文=丹羽 薫

私は毎年春に100㎞ぐらいのロングトレイルを楽しみながら、そのシーズンのロングレースに向けてギアチェックや補給のチェックを行なっています。「今年はどのコースに行こうか?」と考えていたので、一昨年の春に一緒に100㎞を走った友人の近藤淳也さんに「どこかいいコースありますかね?」とアドバイスを求めました。

近藤さんは「それなら“シガイチ”のコースの一部をコースチェック&マーキング兼ねてどうですか?」というアドバイスをくれました。“シガイチ”というのは、今年4月28日~5月5日にかけて滋賀県で開催される総距離436㎞(D+3万1480m)の超ロングディスタンスのトレイルレース「滋賀一周ラウンドトレイル」のことで、近藤さんが発起人としてコース整備やレース運営をしているものです。

春のトレーニングコースとして、近藤さんが選んでくれたのは、“シガイチ”のコースの中でも一番ハードな区間、Stage 6とStage7でした。ちょうど鈴鹿山脈の北の端から南の端に当たる区間です。

「いままでに鈴鹿山脈縦走を1日でやった人っているのかな?」という思いもあり、近藤さんのおススメするコースを走ってみることにしました。一人ではありません。いいのわたるさんと一緒にです!

 

今シーズンはビックチャレンジのひとつとして、7月にAndorra Ultra Trail(アンドラウルトラトレイル)のEuforia(ユーフォリア)というレースカテゴリーにいいのさんとペアを組んでチャレンジします。ユーフォリアは233㎞(D+2万m)で、コースマーキングのないルートをGPSを持って進む壮大な山岳アドベンチャーレースです。

このレースへの出場にあたり、JALが航空券をサポートしてくれることになったので、2人のチーム名を“IGA NINJAL”にしました。なぜこのネーミングにしたかというと、三重県で開催されている「忍者トレイル」というトレイルレースにJALが協賛していて、世界に日本の文化であるNINJA(忍者)を広め、「忍者トレイル」についても興味を持ってもらおうという狙いからです。

 

 

アンドラウルトラトレイルのユーフォリア(233㎞)をいいのさんとペアを組んで走る。
ペアで何十時間も走るということは、走力の違いや、お互いの考え方、協調性、相性などを知っておいたほうがいいので、出来るだけ長くハードなコースを事前にいいのさんと一緒に走っておきたいと思っていました。

人間辛いときこそ本性が出やすいということがあるので、本番レースをいい形で楽しみ、結果を出すためにも、この縦走は必要なプロセスでした。

 

 

この超ハードだといわれる鈴鹿山脈縦走。コースレイアウトは105㎞(D+9400m)と、まさにアンドラウルトラトレイルのMiticというレースカテゴリーのようなハードなものでした。

走れないような急登が多く、今回はルートファインディングしながら”シガイチ”のレースコースになっている県境の尾根を通ったりしたため、あまり人が入っていなくて走りにくいところが多く、予想よりも時間がかかってしまいました。

また、水場がほぼ無いうえにずっと山中にいるので、コンビニなどの食糧を補給するところがなく、前半40㎞地点でサポートを受けるまでの水と食料を全て持ち、しかも、マーキングテープや記録用にミラーレス一眼を入れると、5kg近い荷物になってしまい、これも時間がかかる原因となってしまいました。

当初はもう少し甘く考えていて、「24時間ぐらいで終わるかな」と思っていましたが、前述したことが原因で予想に反して31時間半もかかってしまいました!

 

 

実際の“シガイチ”のレースはステージレースで、エイドも設置されるため、水をそれほど持っていく必要がなく、最低限のコースマーキングはされています。それを考慮しても、“シガイチ”1日の制限時間が17時間~18時間は結構厳しいと思います。特に私たちが走ったパートは、ステージレースの6日目と7日目にあたるので、毎晩寝ているとはいえ疲労が蓄積してきているはずです。

トレイル率90%を越え、総距離440㎞の壮大な山岳ステージレース「滋賀一周ラウンドトレイル」の完走者は出るのだろうか? このレースは日本一、いや、世界一過酷なレースになる予感がします。

今年はプレ大会ですが、来年に向けてすでにチャレンジ精神をくすぐられている人もいると思いますので、私といいのさんが走ったコースデータを参考にしてください。
詳しいコースはコチラ

今回のハードなトレーニングを無事に終えた”チームIGA NINJAL”。7月のレースに向けて、それぞれの調子を上げていきますので、ぜひ応援をよろしくお願いします!

 

 


「滋賀一周ラウンドトレイル」の発起人の一人、近藤淳也さんと(写真中央)

 

丹羽 薫×いいのわたるの鈴鹿山脈縦走のデータ
4月13日 11時頃 滋賀と岐阜の県境である長久寺をスタート
4月14日 18時半頃 三重県の伊賀市にある余野公園にフィニッシュ
総時間31時間
詳しいコースはコチラ

滋賀一周ラウンドトレイル公式ウェブサイト

最新ニュース

小川壮太プロとPRO TREK体験!
2019年9月に登場のカシオのスマートウォッチ「PRO TREK Smart」は心拍計測機能が追加! その機能を使いながら、小川壮太プロの直接指導を受けちゃおう!
レッドレンザーNEO10Rは隅々まで明るい!
独自の集光技術で広範囲をムラなく照らすレッドレンザーのヘッドライト。障害物や凹凸のディテールをくっきり照らす!
進化したインソール、シダス「ラン3D」新登場
安定性と衝撃吸収力の高いラン3DプロテクトJPと、しなやかで軽量なラン3DセンスJP。自分の走りにマッチするモデルが選べる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!