MtSN

登録

2019 IAUトレイル世界選手権 日本人選手のリザルト

2019.06.10

2019年6月8日(土)にポルトガルで開催された2019 IAUトレイル世界選手権(Trilhos dos Abutres)
距離44㎞、累積標高差2200m。

日本人選手の上位入賞が期待されたが、結果は、世界選手権3度目となる川崎雄哉選手が健闘し、23位。2度目の出場となる吉住友里選手が16位と善戦した。

国別団体では、日本男子チームは9位、女子日本チームは7位という結果に終わった。国別上位はヨーロッパの国々が占めており、トレイルランの本場であるヨーロッパと日本のレベルにはまだ開きがあると言わざるを得ない。今後の日本人選手の活躍に期待したい。

写真提供=一般社団法人日本山岳スポーツ協会

写真提供=

《日本代表選手 個人のリザルト》
【男子】
23位 川崎雄哉 3時間52分47秒
48位 城武 雅 4時間02分33秒
70位 森本幸司 4時間09分52秒
93位 牛田美樹 4時間20分41秒
98位 横内佑太朗 4時間23分35秒 


23位 川崎雄哉選手

 

【女子】
16位 吉住友里 4時間32分49秒 
31位 髙村貴子 4時間45分11秒
40位 秋山穂乃果 4時間50分48秒 
72位 宮﨑 喜美乃 5時間12分52秒 
116位 斎藤 綾乃 5時間36分00秒


女子16位 吉住友里選手

 

《日本の国別リザルト》
【男子】
1位 フランス
2位 イギリス
3位 スペイン

9位 日本

【女子】
1位 フランス
2位 イギリス
3位 ルーマニア

7位 日本

 

 

最新ニュース

小川壮太プロとPRO TREK体験!
2019年9月に登場のカシオのスマートウォッチ「PRO TREK Smart」は心拍計測機能が追加! その機能を使いながら、小川壮太プロの直接指導を受けちゃおう!
レッドレンザーNEO10Rは隅々まで明るい!
独自の集光技術で広範囲をムラなく照らすレッドレンザーのヘッドライト。障害物や凹凸のディテールをくっきり照らす!
進化したインソール、シダス「ラン3D」新登場
安定性と衝撃吸収力の高いラン3DプロテクトJPと、しなやかで軽量なラン3DセンスJP。自分の走りにマッチするモデルが選べる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!