MtSN

登録

ガーミンよりマルチスポーツGPSウォッチ「fenix6シリーズ」が登場

2019.09.02

GPSウォッチのリーディングメーカーのひとつ、ガーミンより、マルチスポーツウォッチ fenix(フェニックス)のニューモデル「fenix6」シリーズが9月12日(木)より発売される。今回リリースされるのは、「fenix6X」(2種)、「fenix6S」(6種)、「fenix6」(5種)の3タイプ・13種。ガーミン初のソーラー充電機能を搭載した「fenix6X Pro DualPower」(3 種)は、今冬の発売を予定。
 

 

fenix6シリーズのおもなトピックは、以下の4点。

1.バッテリーの長寿命化

fenix6XのGPSモードで、最大60時間稼働と、従来のfenix5X plusの30時間に比べて2倍という、大幅な長寿命化を実現。新機能「パワーマネージャー」を搭載し、GPSや地図、心拍機能など、使用機能のON/OFFを自由にカスタマイズ可能。アクティビティに合わせて最大限のバッテリー稼働時間が得られる。

2.PacePro機能を活用してペース戦略が立てられる

あらかじめレースのコースや目標タイムを設定すると、アップダウンを考慮した区間ごとのペース配分を作成し、最適なペースをキーするのに役立つ。※PacePro機能を利用するには、ソフトウェアのアップデートが必要。2019年10月以降対応を予定。

3.視認性を向上させた大型ディスプレイを搭載

fenix6X シリーズには、fenix5Xに比べて36%サイズアップした1.4インチの大型ディスプレイを搭載。fenix6も1.2インチから1.3インチへと拡大。1画面に表示可能なデータ項目が最大8分割まで表示が可能で、従来の最大4データから大幅に増大。細部にわたるトレーニングデータなど、さまざまな情報を視認性を損なわず表示することが可能になった。

4.スキー場マップを搭載
地図機能には、道路地図、登山地図、国内外41000ヵ所のゴルフコース情報に加え、世界中にある約2000のスキーリゾートのデータをあらかじめ収録。スキー場のコース名と難易度を確認できる(※fenix6S、fenix6 silver モデルを除く)。

機能面だけだなく、ケースカラー、バンド素材(シリコン、チタン、レザー、ナイロンなど)、バンドのカラーなど、デザイン面でも幅広いチョイスが可能な『fenix6 Series』は、さまざまなスポーツシーンはもちろん、ビジネスシーンや日常使いまでオンとオフ選ばずに活用できるはず。


【fenix6シリーズのおもな共通製品仕様】
・GNSS:GPS/GLONASS/Galileo/みちびき(補完信号)
・内蔵センサー:光学心拍計、気圧・⾼度、温度計、コンパス、ジャイロセンサー
・防水:10ATM
・ライフログ機能:通知機能、ライフログ(ステップ数、上昇階数、睡眠状況、消費カロリー計測、ストレススコア)など


fenix6X Pro Dual Power(フェニックス6X)
価格:17万円(税別)



fenix6 S Sapphire(フェニックス6 エス サファイア)
価格:11万3000円(税別)



fenix6(フェニックス6)
価格:7万円(税別)
 

他モデルの商品詳細はfenix6シリーズのスペシャルサイトを参照

【問合わせ】
ガーミンジャパン株式会社
TEL:049-267-9114

最新ニュース

小川壮太プロとPRO TREK体験!
2019年9月に登場のカシオのスマートウォッチ「PRO TREK Smart」は心拍計測機能が追加! その機能を使いながら、小川壮太プロの直接指導を受けちゃおう!
レッドレンザーNEO10Rは隅々まで明るい!
独自の集光技術で広範囲をムラなく照らすレッドレンザーのヘッドライト。障害物や凹凸のディテールをくっきり照らす!
進化したインソール、シダス「ラン3D」新登場
安定性と衝撃吸収力の高いラン3DプロテクトJPと、しなやかで軽量なラン3DセンスJP。自分の走りにマッチするモデルが選べる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!