MtSN

登録

ソニーのウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」 クラウドファウンディングで支援募集中

2019.09.01

耳に装着するだけで、スマートフォンなどを介さずに離れた場所にいる仲間との会話を可能にするコミュニケーションギア「ソニー/NYSNO(ニスノ)-100」のクラウドファウンディングが開始された(申し込みサイトはこちら)。目標金額が達成されると、支援(予約購入)したユーザーに商品が届く仕組みだ。クラウドファウンディングは8月26日にスタートしており、9月26日に終了予定。※2020年6月以降、商品を随時発送。




 

「NYSNO(ニスノ)-100」はソニー独自の「グループトーク」機能を搭載し、あらかじめ互いに登録した「NYSNO-100」を装着した者同士が、2者間通信距離最長約500mの範囲で同時会話を楽しめる。発話時にボタン操作などをする必要がなく、ハンズフリーで会話できるのが大きな魅力だ(最大3名で会話することが可能)。


耳を塞がずに周囲の音が聞こえるアンビエントイヤーピースや風切音を軽減する内蔵マイクなど、ソニーのオーディオ開発で培った技術により、高音質かつ自然でクリアな音と快適な通話環境を提供してくれるのが魅力だ。さらに、海水にも対応した防水性能や防塵、耐衝撃、耐低温性能を備えるとともに、激しい運動でも外れないイヤーハンガーが付いていることで、スノースポーツやサーフィン、マウンテンバイクといったアクティブなスポーツシーンでも使用できる。

 

ハンズフリーで会話ができ、装着感も軽いとあって、グループでのトレイルランや登山、クライミングとの親和性も高い。2者間通信距離最長約500mの範囲までOKなので、かりにペースの違いで互いに姿が見えなくなっても会話ができて安心だ。また、トレイルラン初心者と一緒に走る場合、走り方のコツや安全面などポイントを伝えながら行動することもできるなど、可能性が広がツールだ。

支援プランの内容や製品の仕様、詳しいスペックなどは「NYSNO-100」の商品詳細ページでチェックしてほしい。


 

最新ニュース

小川壮太プロとPRO TREK体験!
2019年9月に登場のカシオのスマートウォッチ「PRO TREK Smart」は心拍計測機能が追加! その機能を使いながら、小川壮太プロの直接指導を受けちゃおう!
レッドレンザーNEO10Rは隅々まで明るい!
独自の集光技術で広範囲をムラなく照らすレッドレンザーのヘッドライト。障害物や凹凸のディテールをくっきり照らす!
進化したインソール、シダス「ラン3D」新登場
安定性と衝撃吸収力の高いラン3DプロテクトJPと、しなやかで軽量なラン3DセンスJP。自分の走りにマッチするモデルが選べる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!