MtSN

登録

「トレイルランニング2021世界選手権」 代表選手選考要項発表

2020.04.14

 

日本トレイルランニング協会(以下トレランJAPAN)は、公益財団法人日本陸上競技連盟(以下JAAF)の要請をうけ、テクニカルパートナーとなることが決定した。両団体は、互いに協力してトレイルランニング及びマウンテンランニングの発展とこのスポーツへの関心を高めていくことを目標としている。
 


2019トレイルラン世界選手権日本代表メンバー
(写真提供:一般財団法人日本トレイルランニング協会)
 

2021年に開催される「トレイルランニング2021世界選手権」の代表選考はトレランJAPANが主体となっておこない、日本代表の派遣をJAAFがおこなうこととなる。

また、トレランJAPANは独自に選手登録制度をスタート。トレランJAPANに競技者登録すると、国内の指定された選考競技会等を経て、世界陸連(以下WA)の主催する世界選手権大会への日本代表選手として選ばれる資格を得ることができ、国内の選考競技会の上位者の成績はJAAFに報告される。競技者登録選手は、提携国内大会のエントリー料金の割引、世界選手権に関するニュースが随時届くなどのメリットもある。

世界選手権2021の開催日程および開催地は、2020年6月15日にWAより発表される予定だ。

選考競技会種目は、現時点で開催種目が下記の4種目と発表されており、国内選考競技会はトレランJAPAN が指定する日本国内の下記トレイルレースで、2020年5月~12月の間に行うことが決定している。

■クラシックマウンテンレース(12km 獲得標高300~400m)
富士山麓トレイルラン(2020年10月/山梨)

日光国立公園マウンテンラン (2020年11月/栃木)


■バーチカルマウンテンレース(4~7km 獲得標高700~1000m)

尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター (2020年10月/群馬)
 

■ショートトレイル(40km 獲得標高 2000~3000m)

FAIRY TRAIL びわ湖高島トレイルランニング in くつき(2020年6月/滋賀)

霧島えびの高原エクストリームトレイル(2020年7月/宮崎)

斑尾高原トレイルランニングレース(2020年10月/長野)
 

■ロングトレイル (80km 獲得標高 3500~6000m)

比叡山国際トレイルラン(2020年5月/滋賀) ※開催中止

FORESTRAIL SHINJO-HIRUZEN(2020年7月/岡山)

日本山岳耐久レース (2020年10月/東京)

IZU TRAIL Journey (2020年12月/静岡)

※今後の状況次第では中止又は延期になる選考競技会があることも予想される。また今後の推移によっては全ての競技者にとって公平公正な選考競技会が開催できない可能性もあり得るので、エントリー前に本協会ホームページ、大会ホームページや主催者などを確認のこと。

最新ニュース

上田瑠偉選手インタビュー
2019年スカイランナー・ワールド・シリーズで、年間チャンピオンに輝いた上田瑠偉選手。現役ランナーたちに伝えたいことを熱い思いと共に語り尽す。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!