MtSN

登録

【新連載】Top Runner's Voice 第1回 小川壮太

2015.05.28

 MtSNに会員登録しているトップランナーの活動や肉声を紹介する連載「Top Runner's Voice」がスタートする。第1回で紹介するのは、2015年からプロアスリートとしての活動をスタートさせた小川壮太選手。以下、本稿は2015年4月30日に発売された、MtSNスタッフが制作を担当するトレイルラン専門誌『マウンテンスポーツマガジン VOL.2 トレイルラン2015 Spring_Summer』に掲載した同選手による寄稿を引用したものだ。プロ活動をスタートするうえでの決意を書き綴ってもらった。


地元・山梨県塩山のトレイルを走る小川選手(写真=逢坂 聡)

 山梨の大菩薩山塊の麓に生まれ育った私は、幼少期より山に寄り添って生活してきた。春は山菜採り、夏は渓流釣りや沢登り、秋にはきのこを探し歩き、冬には雪の残る斜面でスキーを楽しむ「野生児」だった。学生時代は、陸上競技やスキー競技に打ち込む毎日。指導者に恵まれ、楽しく充実した競技生活を送れたおかげで、今もスポーツに打ち込む想いが潰えることはない。トレイルランニングや山岳スキーに出会ってからは、今まで以上に山を身近に感じるようになった。国内外のレースを経験していくなかで、「世界の山岳スポーツのトップシーンを肌で感じたい」という想いは次第に強く大きなものになり、より競技に集中できる環境を求め、今春からプロ山岳アスリートとして新たなスタートを切るに至った。

 プロへの想い。山岳スポーツはまだまだマイナー、プロという肩書だけで生活できるほど甘い世界ではない。練習時間の確保と収入面の苦慮。一見、華やかな舞台のようで現実は厳しい。結果と数字によって評価され、レース展開やドラマティックなエピソードは二の次。楽しさだけでなく「より結果にこだわった競技生活」が始まった。しかし、負けず嫌いで競技志向の強かった私にとっては、まさに理想の環境となった。プロ選手としての自身の可能性を信じ、強さを探求していきたい。

 華麗でスタイリッシュな山の楽しみ方を提案していくことは、山岳スポーツの裾野を広げる意味でも重要な役割だ。同時に、山のルールやマナー、リスクマネジメントやスキル・テクニック等についても広めていかなくてはならない。「より楽しく安全に」。これが指導者としてセミナー参加者に伝えるべき最大のテーマである。2014年は山岳事故や遭難が多く、いろいろと考えさせられる一年だった。「これ以上、仲間を失いたくない」、そんな想いもプロ転向を後押しした理由のひとつとなった。時に故人の死をも美化することなく、さまざまな事案を客観視しながら事故の原因を探る。そして、それをより多くの人に注意喚起していくのもプロの務めだと考えている。

 欧米を中心に、世界中で親しまれる山岳スポーツ。自然を満喫できる爽快感をより多くの方に感じてほしい。しかし、日本独特の山岳文化や、自然と人間との距離感・価値観の違いから日本に馴染まない部分もあるため、逸脱したものは普及させないことも大事。ルールを遵守できない人もしかり。山に携わる人すべてが歩み寄り、知恵を出しあいながら、その場、その状況に合った楽しみ方を判断し、提示していく。そうすることで日本の山岳スポーツの未来が見えてくるはず。プロとしての活動を始めるにあたり、まずは結果を出し、さらに自身の発言や行動に説得力と責任をもたせる。「発信力のあるアスリート」をめざし、プロ1年目のシーズンを駆け抜けたい。

(文=小川壮太)

 

 本稿を発表後、小川選手は、5月2日開催「Top of the Trail runner 50k in Japan(王滝村50K)」で1位、5月23日開催「経ヶ岳バーティカルリミット 21km」で2位と立て続けに好結果をマーク。そして忙しいレース日程の合間を縫うように、数多くのセミナーに招かれ、自身の考えを一般ランナーに発信している。まさに有言実行だ。小川選手の今後の活躍に期待しよう。

 


王滝村50kを1位でフィニッシュする小川選手(写真=MtSN)

 

小川壮太(おがわ・そうた)
1977年、山梨県生まれ。岡山国体の山岳競技代表を契機にトレイルランの世界へ。2011年、フランスで開催されたニヴォレ・リヴァード(50km)準優勝。14年ハセツネ5位。小学校の教師から2015年にプロに転向。チームサロモンのエースとして活動中。イベントやレースがないときは、サロモン 昭島アウトドアヴィレッジ店のショップスタッフとして店頭に立つ。
なお、当記事公開日現在(5/28)のMtSN TRポイントランキングは2位となっている。

 → http://www.mtsn.jp/result/ranking.php

※小川壮太選手のMtSNマイページへのリンクはコチラ
 

 

★2015年、小川選手の出走予定レース
6/7 第3回 スリーピークス八ヶ岳トレイル
6/14 第8回 菅平スカイライン トレイルランレース
7/4 第5回 美ヶ原トレイルラン&ウォーク in ながわ
7/24 第68回 富士登山競走
7/26 第3回 大雪山ウルトラトレイル
8/23 第1回 十勝岳トレイル in かみふらの・びえい十勝岳
8/28 ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)
9/25 ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)
10/22 グラン・レイド・レユニオン

 

最新ニュース

小川壮太プロによるPRO TREK Smart 体験イベントレポート
2019年9月に登場したカシオのスマートウォッチ「PRO TREK Smart」の体験講習会レポート。PRO TREK Smartを使えば、心拍数を計りながら、さまざまトレーニングができます。
レッドレンザーNEO10Rは隅々まで明るい!
独自の集光技術で広範囲をムラなく照らすレッドレンザーのヘッドライト。障害物や凹凸のディテールをくっきり照らす!
進化したインソール、シダス「ラン3D」新登場
安定性と衝撃吸収力の高いラン3DプロテクトJPと、しなやかで軽量なラン3DセンスJP。自分の走りにマッチするモデルが選べる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!