MtSN

登録

[盛夏限定連載:Mt.FUJI TRAIL STATIONからmushがお届け ] Vol.2 松本大選手のトレランセミナー

2015.08.18

 8月8日(土)、9日(日)、富士山御殿場口新五合目のトレイルステーションにて、松本大選手によるトレランセミナーが開催されました。
 松本大選手といえば、富士登山競走(距離21km、登り標高差約3000mの過酷なレース)を2013、14年と連覇した、いわば富士山を走るスペシャリスト。そんな大選手はどんなセミナーを開催してくれるのか?

 8日は中・上級セミナー、9日(日)は初級セミナーを開催しました。トレイルステーション前に集合し、まずは全員の自己紹介から。和気あいあいとした雰囲気でスタートしました。中・上級セミナーはスカイランニングセミナーとして森林限界を駆け上がり、標高3000mあたりをめざしていきました。参加者15名全員が男性の男塾。セミナー終了後、トレイルステーションへと戻って来た参加者は、息を切らし流れる汗を拭きながらも、みなさんご満悦の様子。

 

 翌日の初級セミナーは定員超えの18名が参加。富士山の麓の森を走るコースで、半分以上が女性でした。今回トレイルランに初めて挑戦した参加者に話を伺ったところ、装備品についての説明や、足の出し方や足のつき方、体の使い方、呼吸法などの説明もあり、途中では山の景色を見ながら、また自然に配慮しながらゆっくり歩いたり、フィールドとなった富士山についてのクイズがあったりと、『山を走る』だけでなく、『山を楽しむ』ことができたそう。参加者みんなでハイタッチでセミナーを終え、その後は大選手を囲んで雑談。走ってきた後とは思えないほどの盛り上がり。セミナーがどれだけ楽しかったのか、みなさんの笑い声から伝わります。たまたま通りかかったトレイルランナーの方からも「セミナーに参加したかった」との声が。サインを求める人の多さからも、大選手の人気が伺えます。

 

 大選手は山を走ることをとにかくとても楽しそうに話してくれます。聞いているだけで山を走ることをイメージでき、こちらまでワクワクしてきちゃいます。私はまだトレイルランに挑戦したことはないのですが、走ってみたくなりました。次回はこのセミナーにぜひ参加してみたいですね!

写真・文=mush

 

 
mush(マッシュ)
フリーカメラマン。本名は植田めぐみ。2010~2014年の夏は富士山頂上の山小屋で働きながらブログで写真を発表。今年の夏は富士山御殿場口新五合目のトレイルステーションで働く。
*ブログ「富士山に住むカメラ女子」
http://ameblo.jp/photographer-mush/

 

 

 

 

 

[Mt.FUJI TRAIL STATION
登山・トレッキング・トレイルランなど、富士山を舞台にさまざまなアクティビティを楽しむ人へ向けてのコミュニティスペース。「のぼる、マナブ、つながる、トレステ。」がキャッチコピー。場所は富士山御殿場口新五合目。
オープン期間: 2015年7月10日(金)~9月6日(日)
場所: 富士山御殿場口新五合目(標高約1440m)
営業時間: 6:00~17:00
アクセス: 東名高速 御殿場ICから約40分。JR御殿場線御殿場駅から路線バスで約40分(※富士山開山期間のみ運行)
問合せ先: 
富士山ツーリズム御殿場実行委員会
TEL0550-82-4622
Mail: info@mtfujitrailstation.com

 

■連載バックナンバー
Vol.1 富士登山駅伝レポート
http://www.mtsn.jp/journal/detail.php?id=403

 

関連地図

最新ニュース

進化したインソール、シダス「ラン3D」新登場
モニター募集中! 安定性と衝撃吸収力の高いラン3DプロテクトJPと、しなやかで軽量なラン3DセンスJP。自分の走りにマッチするモデルが選べる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!