MtSN

登録

世界最長クラスのトレイルレース「トルデジアン2014」、9月7日にスタート

2014.09.03

イタリア・アオスタ州で毎年9月に開催される、世界最長のトレイルレース「トル・デ・ジアン(以下TDG)」。コース総距離は約330km、累積標高差は2万4000mもあり、制限時間は150時間(6日と6時間)。優勝する選手でもゴールまでまるまる3日ほどかかる過酷なレースだ。

※写真=藤巻 翔(写真はすべて2013年大会)

 

2013年9月に行なわれた第4回大会には、日本から30人弱の選手が出場し、小野雅弘が日本人男子過去最高の8位に入るなどの活躍を見せた。また望月将悟は12年、13年と連続出場している。

また、男子で優勝したイケル・カレラ(スペイン)はUTMB2位入賞の実績もある選手で、今年のUTMFにも出場した。このように、世界トップクラスの強豪トレイルランナーたちも注目するレースになりつつある。

今年も小野雅弘をはじめ、PTL (UTMBの種目。距離300km以上、累積標高差2万4000m、制限時間136時間)から2週続けてのウルトラトレイイル転戦となる關淳一など、20人以上の日本人選手が出場する予定だ。

小野雅弘選手のコメント
「長くて大変ですが本当に楽しく素晴らしいレースなのでとても楽しみです。長いので実際に走ってみないと順位やタイムは何とも言えませんが、十分に楽しんで納得できるレースをしてきたいです。今年は夫婦で行くので、あまり待たせ過ぎないようにはしたいです(笑)」

なおMtSNでは、トルデジアン2014に出場した選手を囲んでの「交流会(パーティー)」を10月9日(木)に東京・代々木ヴィレッジで、同じく選手による「レース報告会」を11月上旬に東京・市ヶ谷で開催予定だ。

関連地図

最新ニュース

進化したインソール、シダス「ラン3D」新登場
モニター募集中! 安定性と衝撃吸収力の高いラン3DプロテクトJPと、しなやかで軽量なラン3DセンスJP。自分の走りにマッチするモデルが選べる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!