MtSN

登録

【ミニ連載】「年齢に負けない強さの秘密とは?」 Vol.3 ~2015年TRランキング60代以上男子1位 岩切一雄さん~

2016.03.04

 50代・60代のトレイルランナーの強さの秘密に迫る連載の第3回目は、2015年TRランキング60代以上男子1位(総合513位)、徳島県にお住まいの岩切一雄さんだ。

                                  取材・文=一瀬立子


カヤック歴26年という岩切さん、カヤックを操る姿が実に様になっている

 

 今年61歳になる岩切さん。ランニングもトレイルランも50代になってから始めたそうだが、写真を見ると、とても60代には見えない若々しいお姿。そこで、トレイルラン以外のスポーツ歴が長いのではと、岩切さんに質問してみた。

 「カヌーイストの野田知佑さんに憧れて、35歳からカヤックにハマっていました。はじめの頃は、ファルトボート(組み立て式のカヤック)で西日本の川をメインにカヌーツーリングを楽しんでいました。それから、だんだんと刺激がほしくなり、地元徳島の吉野川(大歩危・小歩危)でホワイトウォーター(激流下り)の魅力に取りつかれ、45歳頃までカヤック三昧の日々でした」

 岩切さんはベテランのカヌーイストなのだ。日本三大激流といわれる徳島県の吉野川でカヤックを長年やってきたというから、基礎体力の高さは想像できる。60代でも若々しく、強い体とメンタルを保っていられるのは、若い時からカヤックで体を鍛えてきたからだといえる。

 「45歳以降は、足腰を鍛えようと山登りを始めました。四国の山から登り始め、3000m級の山々への登山を楽しむようになりました。重装備な登山ではなく、軽量で最低限の荷物で早く遠くまでが私のスタイルです」と岩切さん。

 岩切さんは、トレイルランに出会う前から登山を楽しんでいたそうだ。カヤックで培った体力を活かし、3000m級の山々などでファストパッキングをしてきたというから、ここにも岩切さんのトレイルランの強さの秘密があるのだろう。

 


北アルプス・槍ヶ岳で登山を楽しむ岩切さん

 

 そんな岩切さんがトレイルランを始めるきっかけはなんだったのだろう。

 「地元徳島で『千羽海崖トレイルランニングレース』というレースが開催されるというので、参加してみました。そこで、ゲストランナーの鏑木毅さんからUTMBのお話を聞いて、鏑木さんの講習会を受けたことがきっかけで、トレイルランをやってみたくなりました」

 岩切さんだけでなく、2015年TRランキング50代女子1位の須藤吉仕子さんも、鏑木毅さんに出会ったことがきっかけでトレイルランを始めた、と話していた。全国各地でトレイルレースを開催したり、講習会を開いている鏑木さん。鏑木さんのトレイルラン普及活動は、着実に広がっているといえる。


2015年『Kobo Trail 56km』で男子総合26位という素晴らしい成績を残し、TRランキングで60代1位に

 

 そんな岩切さんには、トレーニングを楽しく続けられる秘訣があるそうだ。

 「徳島大学公開講座のマラソン講座(TJP)で知り合った仲間とよく練習をしています。それから、2015年TRランキングで女子総合17位(年代別6位)になった佐竹晶子さんは、同じ頃にトレイルランを始めた仲間なんです。彼女とは一緒に練習をしたり、レースで競い合ったりしています。いつも惨敗なんですが、よきライバルです。仲間と練習した後は、温泉に入って、飲み会というパターンですが多いですね。TJPの仲間がレースの応援に来てくれるので、励まされ、元気をいただいています」

 温かい仲間、よきライバルの存在が、向上心を持ってトレイルランを続けられる秘訣だそうだ。 
 
UTMB完走という目標や、ハセツネCUPを10回完走したいという目標を持っている岩切さん。65歳まではトレイルランを続けたいとのこと。今後の活躍もとても楽しみだ。TRランキング60代以上の動きにもぜひ注目してほしい。

 


練習仲間と。若い仲間と練習するのも若さの秘訣だろうか?

 

 最後に、岩切さんへのQ&Aをご紹介する。

【岩切一雄さんへQ&A】

Q. ランニング歴は何年ですか?
A. 10年

Q. トレイルラン歴は何年ですか?
A. 7年

Q. ランニング・トレイルラン以外のスポーツもしていますか?
A. 
登山、カヤック

Q. 普段はどんな練習をしていますか?(※山には月にどのくらい行くかを含めて)
A. 里山(大麻山538m)に月2、3回、周回コースを作成して練習、というより山に遊ばさせてもらっています。
   
年に数回はウルトラライトハイキングを楽しんでいます。

Q. 練習後やレース後のリカバリーのために気をつけていることはありますか?
A. 年齢のせいか疲労が抜けにくいので、アイシングやストレッチを心がけています。
  でも、練習後のリフレッシュに一番効くのはビールですね。

Q. 体調管理のために、食事面で気をつけていることはありますか?
A. 好き嫌いなく何でもいただきます。特にネバネバ系の食べ物とフルーツは欠かせません。

Q. トレイルランの面で、2016年の目標はなんですか?
A. 今年一番の目標はUTMBを完走することでしたが、残念ながら抽選で落選してしまいました。
   
次の目標は、今までに5回完走しているハセツネCUPで6回目の完走を果たし、アドベンチャーグリーンをめざすことです。

アドベンチャーグリーンとは、ハセツネCUPを10回完走した選手の栄誉を称える称号のことで、特製の七宝焼きメダルと賞状が授与される。

 

 

 

 

 

 

■2015年TR総合ランキング 男子総合 男子50代 男子60代以上

【ミニ連載】「年齢に負けない強さの秘密とは?」Vol.1 伊藤吉昭さん

【ミニ連載】「年齢に負けない強さの秘密とは?」Vol.2 須藤吉仕子さん

 

最新ニュース

勝つためのコンディショニングを伝授!
トップランナー奥宮俊佑氏とコンディショニングスペシャリストの桑原弘樹氏が身体のケアとコンディショニング法を語り尽くす!
マウンテニアリング思想から生まれたギア
2018年にトレイルランニングに本格参入したミレー。老舗登山メーカーにより開発された、信頼のトレイルランギアに注目。
大注目のNewモデル、レイドライト
バックパックやウェアでで評価の高いレイドライト、シューズ戦線に本格参戦。距離・サーフェス・走りの志向に応じたモデルを用意。
皮膚を守ることが完走へのパスポート
トランスジャパンアルプスレースでも実証された、皮膚保護クリーム「プロテクトJ1」の実力をレポートする。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!