MtSN

登録

アドベンチャーレース「GODZone Adventure」への道(2) 『スタート前夜編』

2016.04.01

文=小畑剣士

 昨日(3/31)は皆スケジュールを1日勘違いしており、思わぬ休養日に! 一日がっつりニュージーランドを堪能しました。

 

 まずはカヤックを借りて、ペアでトレーニング。Sprit Apple Rockという真っ二つに割れたリンゴ(日本人には桃太郎か孫悟空が産まれた桃か岩にしか見えない)のような岩の上に登ったり、アザラシを見たり、カヤックしないと見えないものを短時間で見ることができて大満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後は買い出しを兼ねてMotuekaの街まで。お土産を買ったり南半球用のコンパスを買ったりして、帰りはMTBパーマネントコースを走りホテルへ。この日は動画をアップしたり、地元でもあり今回のコースクリエイターのアドベンチャー界のレジェンド・Nathan Fa'avae(ネイサン・ファービー)の自伝を買い占めたりと、少し観光めいた一日を過ごしました。

 

 

 

 

 そして本日(4/1)、いよいよ、15カ国、71チームが集結。ブリーフィング、装備チェック他必要な手続きを行ない、テンションは高まります。

 そこからホテルに戻り、ロジスティック プランナーという、行動予定表的なスケジュール表(種目と距離、預けるBOX:計4つ、バイクボックス各1:計4つ、メッシュバッグ1つ、合計9つ)をもらい、そこから怒涛の荷物・食料振り分け作業を行ない、ようやく食事を終え、長い一日が終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日4/2正午、約300人のアドベンチャーレーサーが、累積獲得標高1万6030m、制限時間164時間、530km先のゴールをめざしてスタートします。

 

【MtSNイベント】 4/20(水)、アドベンチャーレース「GODZone Adventure」報告会&交流会を開催。ナビゲーションゲームもやります! → 情報はこちら

 

連載:アドベンチャーレース「GODZone Adventure」への道 バックナンバーを見る

関連地図

最新ニュース

勝つためのコンディショニングを伝授!
トップランナー奥宮俊佑氏とコンディショニングスペシャリストの桑原弘樹氏が身体のケアとコンディショニング法を語り尽くす!
マウンテニアリング思想から生まれたギア
2018年にトレイルランニングに本格参入したミレー。老舗登山メーカーにより開発された、信頼のトレイルランギアに注目。
大注目のNewモデル、レイドライト
バックパックやウェアでで評価の高いレイドライト、シューズ戦線に本格参戦。距離・サーフェス・走りの志向に応じたモデルを用意。
皮膚を守ることが完走へのパスポート
トランスジャパンアルプスレースでも実証された、皮膚保護クリーム「プロテクトJ1」の実力をレポートする。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!