MtSN

登録

【ピックアップ! トレラン記録】冬こそアルプス大縦走!? ご当地ミニアルプスはトレイルランナー向きで楽しいぞ!

2017.02.11

 真冬の今、雪に包まれた日本アルプスを、トレイルランナーが縦走するのはまず不可能。雪のない夏でも、標高が高くて気象条件が厳しく、また岩稜やガレ場など路面状況が走るのに向かない山域も多いため、日本アルプスでのトレイルランは十分に配慮が必要だ。

 しかし日本には、日本アルプス以外にもたくさんのアルプスがあるのはご存じだろうか? そしてこれらの山域は、冬の今こそ走り時という場所も多い。

 日本には「アルプス」の名前を冠したご当地ミニアルプスが多数存在する。その多くは、本場のアルプスのように山脈状に山が連なっている形状の山域で、トレイルランナーなら見ただけで走り抜けたくなるような山が多い。

 そこで今回の「ピックアップ! トレラン記録」では、ミニアルプス縦走を果たした記録をピックアップする。

 

■茨城県・日立アルプス

 日立アルプスは茨城県日立市南部の山域で、高鈴山(623m)を最高点に広がる山域で、バリエーションに富んだハイキングコースが整備されている山域だ。
 温暖で雪の心配も少ない山域で交通の便もよい。長い稜線歩き(走り)が楽しめるので、走りごたえも十分だ。

★参考トレラン記録: 新春 日立アルプス練習会

 

■静岡県・沼津アルプス

 静岡県・沼津アルプスは、沼津市街の南東に連なる山域で、温暖な気候と抜群の展望から、ハイカーに人気の高い山だ。かつては皇太子様も歩いた、由緒ある山でもある。
 沼津市役所付近から始まる稜線を南に下れば、アップダウンの激しい約10kmの縦走を楽しめる。走破後の海のグルメも楽しい場所だ。

★参考トレラン記録:2017-01-24 沼津アルプスプチ縦走

 

■埼玉県・飯能アルプス

 埼玉県の飯能から、天覧山を皮切りに北西方向に伸びる稜線は、飯能アルプスと呼ばれる。伊豆ヶ岳まであたりが飯能アルプスらしいが、その気になればかなり長い稜線を走ることができる。
 稜線と並行して西武池袋線が走るので、アクセスの良さが魅力のアルプスだ。
 ちなみに本山域を走る大会、「飯能アルプス~奥武蔵丸山トレイルラン」は、伊豆ヶ岳をさらに越えて距離:約37kmの大会だ。

★参考トレラン記録:飯能アルプス試走 2016-04-19

 

■岐阜県・各務原アルプス

 岐阜県各務原市の北部に、東西に伸びる標高300m程度の稜線は各務原アルプスの愛称でハイカーやトレイルランナーに親しまれている。
 東端の木曽川から西端の権現山までの距離は直線距離で約10km、ルートとしては20km近くになるという。

★参考トレラン記録:270426各務原アルプス

 

■広島県・安芸アルプス

 広島県広島市安芸区がハイキングコースを広くPRするために名づけられたという安芸アルプス。市のパンフレットによると、JR瀬野駅から矢野駅まで約18kmの縦走路となっている。
 最高点は711m(鉾取山)、海抜0m近くから走り始めると考えると、アップダウンの激しいアルプスだ。

★参考トレラン記録: 安芸アルプス

 

 

最新ニュース

石川弘樹×ルーファス12
石川弘樹がテストを繰り返し、ランナーファーストの使い勝手とフィット感を追求したモデル、ルーファス12。“ちょうどいい”容量がうれしい 多彩なシーンで使えるパック。
体感! 新生レイドライト
フルリニューアルしたレイドライトシューズ。ロング、テクニカル、ハイスピードとあらゆるシーンにマッチしたラインナップが話題を呼んでいる。
過去の記事を見る
MtSNが過去に掲載した注目の特集・連載記事のアーカイブ。ニュース記事のインデックスとしてご利用ください。
トレイルランPRニュース
イチ押しの大会や、最新のギアやサプリなどの注目情報はこちら!