このエントリーをはてなブックマークに追加
トレイルレースとロード練習。履き分けベストチョイスは?

 ブルックスは、ランニング先進国・米国のスポーツギア専門店で№1のシェアをもつ。高評価の理由は、ランシューズに特化した製品づくりだ。シューズ以外のアイテムに手を広げず、メーカーとして、とことん「走りの足元」の研究開発にこだわっている姿勢が、高性能の製品に結実している。

 今シーズン、ブルックスのモデルで注目したいのは、トレイルでは定番「カスケディア」だ。日本人でも履きやすい幅広のラストが登場し、日本での人気がさらに高まることが予想される。一方でロード用には、新たなハイクッションミッドソール「DNAロフト」が採用された「ゴースト」をおすすめしたい。ヘビーユースでもクッションがつぶれないという夢のような性能をもつソールは、同社ならではの画期的な開発の成果といえよう。

 ロード練習もトレイルも、足に合うシューズで統一したほうがいいのは当然。ランナーと同じ目線の製品づくりと定評がある、ブルックスの2足を履き分けてみてはいかがだろうか?

BROOKS CASCADIA 13 & GHOST 11
For Trail
カスケディア 13

伝説的ランナーのスコット・ジュレクが開発に関わる、同メーカーのロングセラーモデル。

価格: 1万3500円+税 重量: 337g/メンズ27cm、300g/ウィメンズ25.5cm オフセット: 10mm
For ROAD
ゴースト 11

クッションだけでなく、ソール前足部に反発性の高い素材を採用し、スピード走行にも対応

価格: 1万2500円+税 重量: 300g/メンズ27cm、266g/ウィメンズ25.5cm オフセット: 12mm
CASCADIA 13
GHOST 11
ラストが幅広に
不整地での安定走行を支えるしっかりしたシューズとして、確固たる地位を築いている「カスケディア」の新作。人気の仕様をそのままに、日本人にフィットしやすいラストも登場。
新ミッドソール搭載!
「厚底系」のランシューズは、使用によってクッションを支えるエアがつぶれることが多い。新開発ソール「DNAロフト」はEVAにラバーを配合、クッションの耐久性を高めた。
BROOKS
CASCADIA 13 & GHOST 11

CASCADIA 13
価格: 1万3500円+税 重量: 337g/メンズ27cm、300g/ウィメンズ25.5cm オフセット: 10mm
GHOST 11
価格: 1万2500円+税 重量: 300g/メンズ27cm、266g/ウィメンズ25.5cm オフセット: 12mm 詳しく見る
ブルックスカスタマーサービス
TEL:0800-800-2380 https://www.brooksrunning.co.jp/