文=佐藤慶典、 デザイン=アペックスデザイン、 協力=カシオ計算機
このエントリーをはてなブックマークに追加
トレイルランでより使いやすくなった「WSD-F21HR」

2016年の発売以来、登山を始めとするアウトドア愛好家に人気のカシオのスマートウォッチ「PRO TREK Smart(プロトレックスマート)」に、新モデルが仲間入りした。

「WSD-F21HR」は、これまでのGPS機能やカラーマップ表示機能などに加え、心拍計測機能を新たに搭載したモデルだ。本体裏面に光学式センサーを搭載し、リアルタイムで心拍数を計測。心拍計測と連動したウォッチフェイスで、その日のコンディションや体調を確認しながら、トレーニングやレースへ望めるという優れものだ。

もちろん、マップを表示し、現在地や軌跡を確認することも可能。ログデータをインポートしてルート設定することもできる。 スマートウォッチとして、またアウトドアギアとして、さらに進化を遂げ、トレイルランでより使いやすくなった「WSD-F21HR」。ぜひ、「山モリ!フェス」(2019年10月5日・6日)の「小川壮太プロによるPRO TREK Smart体験講習会」で試用してみてほしい。

プロトレックスマート初となる心拍計測機能を搭載!

カシオのスマートウォッチとして、初となる心拍計測機能を搭載。VO2max(1分間に体内に取り込むことのできる酸素の最大摂取量)の計測にも対応し、トレイルラン中のペース管理や持久力アップのトレーニングなどに有用。事前に設定したエネルギー消費量や給水タイミングなどを、表示とバイブレーションで通知する機能もあり、レース中のペース管理やオーバーペース抑止にも効果がある。

心配計測機能と連動したウォッチフェイスを搭載する。歩いたり、走りだしたりすると内蔵のセンサーが感知し、自動で計測をスタートする
現在の心拍数や、その日の最大/最小心拍数を表示。現在の自身の運動強度が5段階でわかる「心拍ゾーン」表示も搭載する。
手首に装着することで、心拍数を計測。本体裏側のLEDから光を照射して、体内の血流量を感知し、推定心拍数を計測する方式を採用する。
多彩なGPS機能+見やすいカラー地図

日本の衛星「みちびき」を含む、衛星3測位に対応し、安定した位置情報の受信が可能な「WSD-F21HR」。時計本体にGPSが内蔵されているため、スマートフォンがなくても、事前に対象エリアの地図をダウンロードしておけば、現在地を測位し、地図上に現在地を表示することができる。

屋外でも視認性に優れた高精細な1.32インチの大型液晶にカラーマップを表示。

ルートのインポートや、軌跡の記録、マップ上へのマーカーやテキストメモなどもでき、目的地を設定して、簡易的なナビゲーションとしての活用もできる。

GPS内蔵なので、スマートフォンなしでカラーマップ上に現在地を表示できる。軌跡の「心拍ゾーン」別の色分け表示なども可能。また、トレイルランで移動したルートや危険個所、エイドポイントなどを保存し、友人とシェアできる。
過去に走ったルートや、YAMAPでシェアされているルートなどのGPSログデータをGoogleドライブTM経由で取り込める。トレーニングのルートとして設定し、簡易ナビとして利用するといった使い方も。また、計測したデータをGoogleドライブTMへ自動バックアップし、スマートフォン上のGoogleカレンダーTMなどで記録を管理し、トレーニングへ役立てることもできる。
人気の地図アプリ「YAMAP」が使える

携帯電話の電波が届かない山の中でも、現在地がわかる大人気の地図アプリ「YAMAP」。多くのユーザーを抱え、日本国内の山域をほぼカバーするGPSログデータの利用価値は高い。これらのデータや機能が「WSD-F21HR」で利用可能だ。

山名やコースタイムが記された地図を表示可能(予め地図をダウンロードしておく必要あり)。GPSが内蔵されているので、スマートフォンがなくても、また、電波圏外でも現在地の表示ができる。
他のユーザーの記録から軌跡を地図上に表示。簡易的なナビゲーションに利用したり、コースタイムを比較したりと、日々のトレーニングに役立てることも。
活動開始から現在までの経過時間、距離、緯度・経度、標高などの測定結果をリアルタイムで表示。
「小川壮太プロによるPRO TREK Smat体験講習会」開催

山モリフェスで開催される「カシオPRO TREK Smart体験講習会」は、トレイルランナー向け機能を数多く搭載したPRO TREK Smartを実際に装着し、プロトレイルランナー小川壮太氏の直接指導が受けられる実走イベント。PRO TREK Smartシリーズに初搭載された心拍計測機能を活用したトレーニングや、、トレイルの登り方・下り方、歩き方などの基本的なノウハウ、フィールドで地図&ナヴィゲーション機能を賢く使うコツを、小川プロが直接レクチャー。山モリフェスの前には、PRO TREK Smartの使い方をしっかり学べる机上講習会も開催されるので、フェス当日の体験イベントでは、PRO TREK Smartの機能をあますところなくチェックできるはず。

写真:永易量行
小川壮太
おがわ・そうた
山梨県甲州市を拠点に活動するプロ山岳アスリート。陸上競技からスタートし、現在はトレイルラン、山岳スキー競技に取り組み、一年を通じて山で活動している。山岳アスリートとして国内外のレースに出場するほか、甲州アルプスオートルートチャレンジなどのレースプロデュースも手がける。元教師の経験を生かし、ランニング講習会を積極的に開催。分かりやすいレッスンにも定評がある。
「PRO TREK Smart体験イベント・事前机上講習会」

日程:2019年9月25日
開場:18時30分、開演19時(予定)、21時00分終了(予定)
場所:東京都千代田区神田神保町・神保町三井ビル23F インプレスグループ・セミナールーム
募集人数:20名

山モリ!フェスの実走講習会に先がけて、9月25日の夜に、PRO TREK Smartの機能や使用方法が詳しく学べる机上講習会を行います。自分のスマートフォンとペアリング(連携)して使用するのが基本となるPRO TREK Smartの設定方法や、心拍計の使い方、地図の表示方法などを分かりやすく紹介します。

「PRO TREK Smart体験イベント・体験講習会@山モリ! フェス」

日程:2019年10月5、6日(土、日) 受付開始8時30分、開始9時(予定)、終了15時(予定)
集合場所:神奈川県立秦野戸川公園
募集人数:20名(10月5日 10名、10月6日 10名)

10月5日(土)・6日(火)に行われる山モリ! フェスで、プロトレイルランナー小川壮太氏による「PRO TREK Smart体験講習会」を実施します。山を歩く・走る基礎から、PRO TREK Smartに初搭載された心拍機能を活用したトレーニング、地図機能の活用法など、丹沢のトレイルを使って学べる貴重なチャンスです。

 

PRO TREK Smart体験イベントの参加者全員に、PRO TREK Smart特製マグカップ、クリアケース、ステッカーをセットでプレゼントします。
※お渡しするマグカップは掲載写真と異なるカラーになる場合があります。ご了承ください。

今回のPRO TREK Smart体験イベントに参加いただいた方のなかから、抽選で2名の方にPRO TREK Smart WSD-F21HR(赤/黒 各1個)をプレゼントします。詳細については、9月25日の机上講習時にご案内する予定です。
「山モリ!フェス」

【開催日】2019年10月5日(土)・6日(日)
【場所】神奈川県立秦野戸川公園(神奈川県秦野市堀山下1513)
小田急小田原線渋沢駅より大倉行きバス乗車

今年で4回目となる「山モリ!フェス」は、登山・アウトドアファンが集まる国内最大級の野外イベント。2019年の本年は、暑さが和らぎ参加しやすい気候になる10月5日(土)・6日(日)に、神奈川県立秦野戸川公園で開催。山や自然を学び、遊び、体感できるアクティビティ盛りだくさんの内容で実施予定。
⇒山モリ! フェス公式サイト