このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツの自社工場で一貫製造されているCEPは、最高級の品質と機能性を誇り、世界のトップアスリートから高い評価を得ている。すべてのアイテムは、医療用製品と同レベルの品質テストを経て商品化されており、その厳しい基準に合致したもののみを販売している。卓越した設計思想と妥協のない品質管理によって、製品コンセプトどおりの効果が確実に得られるアイテムだ。
圧倒的なクオリティで、アスリート達の信頼を集めるCEPソックスの特徴

CEPの開発コンセプトは「人間の足が本来もつ機能を最大限に引き出すこと」。ソックスに求められる機能性を極限まで高めた性能は、次のような特色をもっている。

  • 5本指ソックスのように足指を不自然に広げず自然な状態に!
  • アーチサポートは着圧による横からのサポートで、土踏まずの毛細血管をつぶさず血流を維持しながらアーチの機能を引き出す!
  • 長時間の効果を発揮する!
  • 繰り返しの使用に耐える!
  • 穴が開きにくい!(購入から3カ月以内に穴が開いたら交換可能)
  • 180回洗っても着圧が落ちない!(長持ちするので、結果的にコストパフォーマンスが高い)
  • 同じ糸でもカラーによってチューニングを変えている!
ULTRALIGHT SHORT SOCKS
山本健一選手も愛用するショート丈ソックス!

強い着圧機能と確実なアーチサポートが特徴。特にアーチサポーチについては、山本健一選手も高く評価している。あえて5本指にしていないのは、「指を強制的に開くとリラックスしすぎて踏ん張れなくなるため、5本指ソックスはすべての運動に向くわけではない」という同社の考え方によるもの。ウルトラライトは、スタンダードより25%軽量化され、より薄く仕上がっている。足を入れると自然に横アーチがかかり(縦アーチも)、ごく自然に足指がまとまることで力を入れやすくなっている。実際にレースで使用している山本健一選手は、「アーチサポートが優秀で、踏ん張り時のフィーリングが良い。またローカットだと砂や砂利が入ってきてしまうが、ショート丈なのでその心配も少ない」と語る。

SHORT SOCKS

「スタンダード」のショートソックスは、レースでも愛用者が多いモデル。カーフとのコンビネーションで使用することが多いランナーには、この組み合わせがおすすめとなる。

運動パフォーマンスを最大限に高めてくれるCEPカーフの特徴

パフォーマンスアップと素早いリカバリーが特徴のCEPカーフ。独自の「メディコンプレッション」によって運動パフォーマンスに必要な酸素を運ぶと同時に疲労物質の運搬も効果的に行なう。

【筋バランス調整とトラブル解消】
運動中激しく変化する筋肉の弛緩・収縮のバランスを柔軟にサポートし、筋肉への負荷を軽減させて足のトラブルを解消する。

  • 人間の足が本来もつ機能を最大限に引き出すことに着目!
  • 一定の段階的着圧をかけて筋肉のブレを抑える!
ULTRALIGHT CALF SLEEVES
薄く、軽く、しかも耐久性や着圧性に優れたカーフ!

生地の耐久性はそのままに、スタンダードより20%の軽量化を実現。強い着圧設計は、筋肉サポートや酸素循環を高め、一定の段階的着圧によって筋肉のブレを抑えて、しかも静脈の血流をよくする。アキレス腱の後ろ部分は、CEPの最高の技術力を駆使して、素材や編み方を厳選。さらに形状も、ただの尻すぼみ形状ではなく、アキレス腱部分がいちばん細くなっていて、足首が再び太くなっている独自形状となっている。

CALF SLEEVES 2.0



CALF SLEEVES 2.0
カーフ スリーブ 2.0
3500円(税別)



ふくらはぎへの段階的着圧「Medi Compression(メディ・コンプレッション)」で包み込むことで、酸素力をアップさせ疲労を軽減。クイックな動作を促し、また筋肉の安定性を高める。また運動中だけではなく、日常やリカバリー用にしようすることも可能。
CEPの信頼性とアドバンテージを山本健一選手に聞きました

私は非常に険しくて、まともに走れないようなコースを使ったレース、なおかつ24時間を超えるようなレースが好きで、一番パフォーマンスが発揮できる場所だと思っています。

私が着用しているモデルは、ウルトラライトショートソックス。山道を走るなかでは、つま先と踵は非常に重要な部分で、しっかりした強度があるうえで薄い生地も使っていて、快適さも併せ持つソックスです。

山ってフェイスが凄く変化するので、つま先がひとつの袋になっていたほうが指が自由に動かせるので、ちょっとしたバランスが取りやすいんじゃないかと感じます。強度と快適さを併せ持つCEPのソックスが私の走りを支えてくれています。競技の特性上、ソックスには非常にこだわりがあり、数社のソックスを数カ月かけてテストしたうえでCEPのショートソックスがいちばんよい、という結論にいたりました。

山では、土や木くずが入らないように、くるぶしの上まであるショートソックスを毎日のように履いています。シューズの中の感触はとてもいいです。何より、CEPに替えてからは、足にマメができなくなりました。濡れた状態からの乾きが早いからだと思います。ピタッとしているので、シューズの中でずれないところもいいですね。CEPは、履き心地がとてもよく、快適なソックスだと思います。

山本健一(Kenichi Yamamoto)
山本健一(Kenichi Yamamoto)
2008 日本山岳耐久レース 優勝
2012 UTMF 3位(日本人最高位)
2012 グランレイド・デ・ピレネー(仏) 優勝
2013 アンドラ・ウルトラトレイル(仏・スペイン) 2位
2015 レシャップベル(仏) 2位
●サイズの選び方
ショートソックス=足首の周囲を測ります
Women(足のサイズ=22.0~26.0cmに対応)
足首周囲 Sock size
18.0~20.0cm sizeⅡ
20.5~23.0cm sizeⅢ
23.5~26.0cm sizeⅣ
Men(足のサイズ=24.0~29.0cmに対応)
足首周囲 Sock size
20.5~23.0cm sizeⅢ
23.5~26.0cm sizeⅣ
26.5~29.0cm sizeⅤ


カーフスリーブ=ふくらはぎの周囲を測ります
Women(足のサイズ=22.0~26.0cmに対応)
ふくらはぎ周囲 Sock size
25.0~31.0cm sizeⅡ
32.5~38.0cm sizeⅢ
39.5~44.0cm sizeⅣ
Men(足のサイズ=24.0~29.0cmに対応)
ふくらはぎ周囲 Sock size
32.0~38.0cm sizeⅢ
39.0~44.0cm sizeⅣ
45.0~50.0cm sizeⅤ
商品について、さらなる詳細は、http://www.cepsports.jp/