このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年のデビュー以来、数々のレースでウィナーの足元を支えてきたコロンビア モントレイルの「バハダ」。アップデートは重ねているもののそのコンセプトは継承され、最新のテクノロジーで武装されている。この究極のオールラウンドシューズのポテンシャルと魅力を、ふたりのトップランナーのレビューとともに紹介する。
構成・文:高橋達夫 写真:小澤達也(studio mug )
最初の一足に最適。そして、経験を積むとさらによさがわかる

トレイルランニング用のシューズは距離、スピード、サーフェスなど、多様な条件を考慮するため、選ぶのが難しい。そこで、初めてのシューズ、または一足ですべてをこなせるシューズを選ぶなら、オールラウンドモデルになるだろう。

3世代目となる「バハダⅢ」はコロンビア モントレイルのラインナップのなかで〝センター〟に位置している不動のオールラウンダーだ。

スピード化するトレイルシーンに合わせてバージョンアップしたしなやかなアッパー。ミッドソールは反応性と弾力性に優れた「フリューイッドフォーム」。トレイルの突き上げから足を守る「フリューイッドシールド」も一体成型されている。アウトソールは強力なフリクションと耐久性を兼ね備えたオリジナルのコンパウンドで、ラグはお家芸ともいえるキューブ型。あらゆる路面を確実にキャッチする、隙のない仕上がりだ。

Reviewer
上田瑠偉(うえだ・るい)
1993年10月3日生まれ。長野県大町市出身。駅伝の名門・佐久長聖高校出身。早稲田大学時代にトレイルランニングと出会い、初出場のレースで大会新記録・優勝を飾る。
2014年日本山岳耐久レースで大会記録を18分更新して優勝。2016年UTMBのCCCで準優勝と、世界の舞台でも活躍。スカイランニングでも日本代表として活躍中。

コロンビア モントレイルのアスリートでトップトレイルランナーの上田瑠偉選手も「バハダ」を高く評価している。

「僕が初めて履いたトレイルランニングシューズは『バハダ』でした。ですから、とても愛着があります。当時はほとんどのレースを『バハダ』で走っていました。ハセツネCUPで優勝したのも『バハダ』です。最新モデルはフィット感がさらに向上して、足の動きに対してよりナチュラルにフィットしてくれます。ミッドソールのクッション性も魅力です。乾いたトレイルとの相性が特にいいですね。

また、インソールの作りがすばらしいので、『バハダⅢ』のインソールをほかのシューズにも入れているくらいです。今はレースによってシューズを履き分けていて、『バハダⅢ』は主に50マイル以上で使用していますが、20㎞のレースでコースレコードを出したこともあります(笑)。オールラウンドタイプなのでエントリー層からエリートランナーまで履いていただけます。トレイルランニングシューズの基準となるシューズですね」

オールラウンドシューズというと初心者のはじめの一足というイメージもあるかもしれないが、『バハダⅢ』は、トップアスリートの要求にも応えるポテンシャルを持っている。実際に履いてみれば、数多くのリピーターに支えられるベストセラーの魅力を理解できるはずだ。

3世代目を迎えたベストセラースタンダード
Men's Bajada III
メンズ バハダIII
価格: 1万4000円+税 サイズ: 25.0~29.0・30cm 重量: 290g/ 片足 カラー: 2 色 ソールの厚さ: トウ 10mm、ヒール 20mm ソール前後の高低差(ドロップ): 10mm アウトソール溝の深さ: 5mm
※写真のカラーは今秋発売予定
DETAIL.1
補強は圧着なのでシームレス。しなやかだが的確にサポート
DETAIL.2
キューブ型のラグはコロンビア モントレイルの定番、青い部分はトレイルシールド
DETAIL.3
EVA とオーソライトを組み合わせた贅沢なインソール
Other color
詳しく見る
女性の足型を研究し尽くした専用モデルもあり!
Reviewer
柿本恵理(かきもと・えり)
1995年8月11日生まれ。埼玉県羽生市出身。2017年、初めてトレイルレースに出場し、その魅力に惹かれる。陸上の中距離とマラソンも続けながら、年間30レース以上出場。いま注目の若手トレイルランナー。2018年東京マラソンでは 3時間1分4秒で自己ベストを更新。
レース後半、どんどん走れるようになる! トレイルシューズのお手本ですね

初めて履いたトレイルシューズが「バハダⅢ」です。ロードのシューズに慣れていたので最初は重厚に感じましたが、レース中に距離を踏むごとに、どんどん軽快に走れるようになってきました。荒れた路面を繰り返し走っても、高いサポート力とクッション性で足を守ってくれて、調子が上がってきたのだと思います。

現在は20〜40kmのレースで使用します。クッション性がとてもいいので、ロードでのリカバリーランにも使用しています。使えるシチュエーションが多いのが「バハダⅢ」の最大の魅力ですね。

Women's Bajada III
ウィメンズ バハダIII
価格: 1万4000円+税 サイズ: 22.5~26.0cm 重量: 239g/ 片足 カラー: 1色 ソールの厚さ: トウ 10mm、ヒール 20mm ソール前後の高低差(ドロップ): 10mm アウトソール溝の深さ: 5mm
DETAIL.1
女性用にヒールカップが小さく、くるぶしも低い設定
DETAIL.2
女性の足に合わせた専用のラスト(足型)を採用
詳しく見る
保温性を強化した冬仕様も登場予定!
Bajada III winter
バハダIII ウインター
価格: 1万4000円+税 サイズ: 22.5~26.0cm 重量: メンズ/295g、ウィメンズ/243g (片足) カラー: メンズ 1 色、ウィメンズ 1 色 ソールの厚さ: トウ 10mm、ヒール 20mm ソール前後の高低差(ドロップ): 10mm アウトソール溝の深さ: 5mm
※2018年8月発売予定
DETAIL.1
足首まわりには起毛素材を採用。カラーリングもお洒落
DETAIL.2
防風性と保温性が高いアッパー。トウキャップはシームレス
Women's
Columbia Montrail
Men's Bajada III
メンズ バハダ III


価格: 1万4000円+税 サイズ: 25.0~29.0・30cm 重量: 290g/ 片足 カラー: 2 色 ソールの厚さ: トウ 10mm、ヒール 20mm ソール前後の高低差(ドロップ): 10mm アウトソール溝の深さ: 5mm 詳しく見る
コロンビアスポーツウェアジャパン
TEL:0120-193-803(受付時間/10:00~18:00 土・日・祝休み) http://www.montrail.jp/
Facebook: Columbia Montrail Japan @montrail.jp   Instagram: @columbia_jp